「神河:輝ける世界」の浮世絵土地(全10種)およびアーティストの紹介まとめ

製品情報
スポンサーリンク

2022年2月18日に発売されるMTG(マジックザギャザリング)の新セット「神河:輝ける世界」には、浮世絵土地というフルアートの基本土地が収録されます!

この記事では、全10種類の浮世絵土地のカード・イラストおよび描いたアーティストの方々をまとめて紹介します。浮世絵土地の美麗なイラストを堪能しつつ、描かれたアーティストの他作品にも興味を持っていただけると幸いです。

浮世絵土地のカード情報

浮世絵土地は、基本土地(平地、島、沼、山、森)ごとに2種類ずつ存在します。

Naokuro
Naokuro

みなさんはどの基本土地(イラスト)がお好みですか?

カード画像アーティスト
アマヤギ堂
ともひと
アマヤギ堂
アオジマイコ
アオジマイコ
七原しえ
中島綾美
中島綾美
EZOI
EZOI

アーティスト一覧

「神河:輝ける世界」の浮世絵土地(全10種)は、以下6名のアーティストによって描かれています。平地、島、沼はそれぞれアーティストが分かれていますが、山は中島綾美氏、森はEZOI氏が2種類とも担当しています。

気になるアーティストの方はTwitterもチェックしてみましょう!

ちなみに、こちらの6名のアーティストさんは「ストリクスヘイヴン:魔法学院」の日本画ミスティカルアーカイブも描かれた方々です!皆さんも見覚えがあるのでは?

以下、私の知る範囲で紹介します。他にもある場合はコメントで教えてください。

アマヤギ堂氏は《果敢な一撃》

ともひと氏は《テゼレットの計略》と《強迫的な研究》

アオジマイコ氏は《ウルザの激怒》《苦悶の悔恨》

七原しえ氏は《時間のねじれ》《チャネル》

中島綾美氏は《自然の秩序》

EZOI氏は《稲妻》《青の太陽の頂点》

まとめ

「神河:輝ける世界」の浮世絵土地およびアーティストの方々を紹介しました。

改めて見ても素晴らしいデザインですよね!早く実物のカードを見て触って使ってみたいです。

今回の浮世絵土地はサプライ(プレイマットやスリーブ)も発売される予感がしますので、みなさんアンテナを高く張っていち早く情報をキャッチできるようにしておきましょう!

浮世絵土地が封入される商品を把握しておきましょう!
各種商品の予約も始まっています!
製品情報
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント入力欄

  1. ねぎとろはマンボウが原料らしい より:

    いつもわかりやすい記事をまとめて頂いてありがとうございます。
    アオジマイコ先生は苦悶の悔恨も担当されていますね。ぜひ追加してみてください。

タイトルとURLをコピーしました