「イニストラード:真夜中の狩り」のカードレビュー(リミテッド環境:緑)

リミテッド
この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では、MTGの新セット「イニストラード:真夜中の狩り」ののカードレビュー結果を紹介します。レビュー結果は、主にリミテッド視点(シールド・ドラフト)で評価した内容となります。

本記事のポイント
  • 収録カード(緑)を一通り確認できる!
  • リミテッド環境におけるカードの強弱を把握できる!(注:管理人視点)
  • 自己評価と他者評価を比較して楽しめる!

各カードの評価点数は以下の基準で付けています。

評価点数の基準
  • 5点
    1枚でゲームに勝てるカード

    いわゆるボムレアと呼ばれるカード
    色タッチなど多少無理してでもデッキに入れたいカード

  • 4点
    必ず採用したいカード

    カードパワーが強く、積極的にデッキに採用・ピックしたいカード

  • 3点
    平均的なパワーのカード

    枠があれば採用したい平均的なカードパワーのカード

  • 2点
    条件によって採用したいカード

    使用するアーキタイプや場面によって強い/弱いが大きく変化する(ブレ幅が大きい)カード

  • 1点
    アンプレイアブルなカード

    カードパワーが低すぎてどんな場合でも採用したくないカード

本記事に掲載しているカードは、以下の公式カードギャラリーの情報を基にしています。

公式ページ
更新情報
  • 2021.09.22 全体的に評価点数を見直し
  • 2021.09.18 参考資料(自作カードリスト)を追加
  • 2021.09.12 公式カードギャラリーの更新分を反映(フルスポイラー)
  • 2021.09.10 公式カードギャラリーの更新分を反映
  • 2021.09.09 公式カードギャラリーの更新分を反映
  • 2021.09.08 公式カードギャラリーの更新分を反映
  • 2021.09.05 新規投稿

評価点数の一覧表

カード毎の評価点数を一覧表にまとめました。

カード毎の評価

168《秋の占い師》

コメント
  • デッキの回りを安定化してくれるシステムクリーチャー
  • 集会条件を満たすと土地だけではなく、クリーチャー・カードのプレイも可能

169《鳥の称賛者/翼裂き》

コメント
  • 緑の対空用クリーチャー
  • 第1面、第2面ともにタフネスが高く、ほとんどの飛行クリーチャーを止めることが可能

170《跳ねる狼》

コメント
  • 飛行クリーチャーで攻撃する際に考慮しておくべきクリーチャー
  • 緑&3マナある場合は要警戒、到達持ちで相打ち・返り討ちにされる可能性あり
  • 夜にするために構えた上で、相手ターンの戦闘・エンド時に奇襲をしかけられる

171《棘茨の鎧》

コメント
  • 2マナの装備品、出た時にそのまま装備できるのが強いところだが、装備コストが4マナと重たいので付け替えには不向き

172《茨橋の追跡者》

コメント
  • 3マナ 2/3+警戒持ちで、一緒に出てくるトークンによって実質4/3となる
  • 終盤に手掛かりトークンでドローできる点もうれしいポイント

173《群れの織り手》

コメント
  • 小型の飛行クリーチャーの天敵となる蜘蛛
  • 死亡しても1/2の小型蜘蛛を残してくれるので、対飛行としての性能は高い
  • 大型の飛行クリーチャーは止められないので過信は禁物

174《筋骨隆々の破壊者/凶兆の血の破砕獣》

コメント
  • 5マナ 6/5(第1面)、8/7(第2面)とどちらも緑らしい力強さ
  • 8/7は普通には止められないサイズとなるはず
  • 護法がある点もポイント

175《蝋燭明かりの騎兵》

コメント
  • 5マナ 5/5とフィニッシャー級のクリーチャー
  • 集会の条件を満たせばトランプル付与も可能
  • 本セットのクリーチャーサイズの分布次第ではあるが、5マナ 5/5は盤面の脅威となるだろう

176《直接射撃》

コメント
  • 緑の貴重な除去スペル
  • インスタントタイミングでプレイできる点が使いやすく、格闘ではなくパワーに等しいダメージという点が強力
  • +1/+1修正も可能なので、サイズが小さいクリーチャーでも役立つことが多いだろう

177《消化の泥塊》

コメント
  • 《タルモゴイフ》を彷彿とさせるカード
  • 違いとしては5マナと重たい点マナコストの分、自分の終了ステップのたびにウーズ・トークンを生成できる点(パワー/タフネスは同じ値)
  • 本体を除去できないと、徐々に盤面が手を付けられなくなってしまう

178《曲芸師の一座》

コメント
  • 集会の条件を満たしていれば、自分の終了ステップのたびにクリーチャーを強化可能
  • Xマナで集会の条件となるパワー値を調節可能
  • 終盤に引いても活躍できるので序~終盤まで活躍できるカード

179《ドーンハルトの導師》

コメント
  • 3マナ 0/4なので攻撃面では役立たずのクリーチャー
  • 集会条件を満たしていると余ったマナで単体強化が可能(マナがあれば複数回も使用可)
  • 自身がパワー0、同時に生成されるトークンがパワー1なので、パワー2以上のクリーチャーが1体いれば集会条件を満たせる
  • 起動能力のコストが重いのが難点、序~中盤は壁としての役割

180《ドーンハルトの再生者》

コメント
  • 好きな色のマナを生成できるマナ・クリーチャー
  • ボムレアなどの色タッチ含め、多色化の助けとなる一枚

181《シボウタケの若芽/巨大シボウタケ》

コメント
  • 変身から強化まで自身の能力で完結できる優秀なキノコ(ファンガス)
  • 青のバウンスには超絶弱いので注意

182《セレスタス防衛》

コメント
  • 自クリーチャー最大3体を対象として、+1/+1カウンター×3個を割り振って置くことができる強化スペル
  • コンバットトリックとして使用し、1枚で3体を一方的に倒すことも狙える
  • 集会条件を満たす際のパワー調整としても有用

183《ドライアドの蘇生》

コメント
  • カード名のとおり、墓地回収スペル
  • 少々マナコストが重たいが、どんなカードでも墓地回収することが可能
  • フラッシュバック付きなので再利用もできる

184《支配を懸けた決闘》

コメント
  • 緑の格闘除去で集会条件を満たしていると+1/+1カウンターを置ける
  • コモンなのでデッキに採用し易く、2マナと軽いので構えやすい

185《風変わりな農夫》

コメント
  • 多色化のサポートとなる優秀なクリーチャーで墓地肥やしも可能
  • フラッシュバック持ちのスペルと相性良し

186《収穫祭の歩哨》

コメント
  • 2マナ3/1というアタッカーで、集会条件を満たすと小型クリーチャーにブロックされなくなる(壁も突破可能)

187《猟犬調教師/調教されていない仔狼》

コメント
  • 緑らしいパワーの塊のようなクリーチャー
  • 3マナ 3/3(第1面)、4/4(第2面)と基本性能が高く、トランプル持ち
  • 第2面では狼、狼男全体にトランプル付与が可能
  • 起動型能力で単体強化(+1/+1カウンター!)が可能なので、マナフラ受けとしても優秀なカード

188《狩りの遠吠え》

コメント
  • 瞬速持ちのオーラなので、コンバットトリックとして使用可能な点がポイント
  • 狼や狼男を対象にすれば不意打ち(アンタップからのブロック)も狙える
  • 相手のクリーチャーが狼、狼男の場合は要警戒!

189《旧き道の力》

コメント
  • 2マナで+2/+2のコンバットトリック
  • 集会でキャントリップ付きだが、修正値を強化して欲しかった

190《辺境地の罠外し/激情の罠破り》

コメント
  • 2マナ 2/2(昼)、3/3(夜)と十分なステータスを持つ
  • 両面ともに自身を生け贄にすることで置物を除去でき、夜の場合のみ攻撃時の誘発で能力が使用できる
  • クリーチャーとして十分役に立つのでメインデッキで採用し易いのがポイント

191《収穫祭への道》

コメント
  • 本セットでは貴重な多色サポートカード
  • 3色目をタッチする場合に採用したい

192《伝染病の狼》

コメント
  • 2マナ 2/2と標準的なステータスを持ちながら接死付与(ゾンビの肉を喰らった)できるクリーチャー
  • 接死付与があるので地上の大型クリーチャーへの牽制も可能

193《垂直落下》

コメント
  • お馴染みの飛行限定の除去スペル
  • 手札で腐ることも多いので、メインでの採用は否定派

194《原初の敵対者》

コメント
  • 敵対者サイクルの緑版
  • 単体性能は3マナ4/3トランプルと申し分ない
  • 追加コストを払うことで自身の強化と、土地のクリーチャー化が可能
  • 終盤に大量のマナを支払うと土地クリーチャーの大群で攻撃することも可能(追加コストを支払う際にタップした土地は攻撃できないので注意)
  • 速攻持ちの土地クリーチャーで殴りたい場合は、追加コスト3マナにつき1体と覚えておこう
  • 全除去を打たれると土地もろとも崩壊してしまう

195《自然への回帰》

コメント
  • 再収録の置物対策スペル
  • 墓地のカードの追放除去も可能なので、デッキに1枚あると助かる場面は多そう

196《蟻の隆盛》

コメント
  • 3/3のトークン×2体(6マナ 6/6相当)を生成するスペル
  • 2点ライフゲインのオマケ付き
  • フラッシュバックでの再利用も踏まえると、6マナ 6/6相当のクリーチャー・カードよりも強力

197《バイパーの牙、サリス》

コメント
  • 自分の他クリーチャーの攻撃&防御を強化できるシステムクリーチャー
  • パワーが1以上あれば積極的に攻撃できるようになる(接死)が、サリスをインスタントで除去されると返り討ち(無駄死に)にされるので注意
  • タフネスが4と火力で焼かれにくい点も優秀
  • トランプルと相性◎

198《影野獣の目撃》

コメント
  • 4/4ビースト・トークンを生成可能なスペル
  • フラッシュバック持ちなので再利用も可能、1枚で2体分のクリーチャーリソース
  • 狼や狼男ではないので注意

199《うなる狼》

コメント
  • 序盤に出せれば優秀なクリーチャー
  • 1ターン目に展開し、次のターン以降「3/3になるかも」という牽制をしつつ攻撃が可能
  • 《狩りの遠吠え》と組み合わせれば最速4ターン目に5/5で殴ることも可能
  • 強化 or 場にクリーチャーを展開は臨機応変に使い分けよう
  • 終盤に引くと弱すぎるので注意、アグロデッキでの採用枠か

200《収穫祭の襲撃》

コメント
  • 色マナ拘束が厳しくコストが重たいが、最大10マナ分(5マナ×2体)のクリーチャーを一度に展開できるスペル
  • リミテッドでは比較的マナカーブに沿ったカードを採用するのでハズレの場合も多そうな印象
  • 配信映えするカード

201《窓を叩く》

コメント
  • クリーチャーの捜索&墓地肥やしが可能なスペル
  • フラッシュバック付きで最大2回のリソース回復を狙える

202《森林地の先達》

コメント
  • 任意のクリーチャーを強化(+1/+1カウンター)できるクリーチャー
  • 2マナ2/2としても使用でき、中盤以降は場のクリーチャーを強化して殴りやすくできる

203《不屈の運び屋/凶兆の血の喧嘩屋》

コメント
  • 両面共に警戒持ちの狼男で、サイズも大きく殴りやすい
  • コモンなのでフィニッシャーに困ったら採用しよう

204《トヴォラーの猟匠/トヴォラーの群れ率い》

コメント
  • 単体性能が6/6(第1面)と7/7(第2面)と強力で、仲間の狼を呼んで多面展開もできる最強クラスのクリーチャー
  • 第2面は他の格闘除去の能力も持っているので、盤面を一気に制圧可能

205《掘り返し》

コメント
  • 自分と相手の墓地から最大3枚のカードをライブラリーに戻すことが可能なスペル
  • 本セットのカード・プールを把握した上で、どのように使用するのが最良なのか要検討

206《不自然な成長》

コメント
  • リミテッドでは脅威となるエンチャント・カード
  • 戦闘開始時に自分のクリーチャーのパワー&タフネスが2倍になる
  • 2/2→4/4、4/4→8/8と元のサイズが大きいほど強くなる
  • エンチャントを割られない限り、クリーチャーを出して殴っていれば勝ててしまう極悪さ
  • 緑マナ×4つという点が唯一の弱点

207《柳の霊》

コメント
  • 1マナ 1/1トランプルと非力ながら、降霊や墓地回収・リアニメイト、フラッシュバックなどで強化可能なクリーチャー
  • 巨大なクリーチャーに強化できればトランプルが火を吹く!
  • 1枚以上のカードが墓地を離れるたびなので、複数枚が一度に離れたとしても誘発が1回という点に注意しよう

208《レンと七番》

コメント
  • 盤面にもよるが、ひとまず-3能力で5/5到達持ちトークンを生成するのが安定しそう
  • こちらの盤面が強力な場合は、+1、0を使い回して最短奥義(大量のリソース確保)を狙おう
  • 劣勢からひっくり返せるカードではない点に注意

参考資料:分析用のカードリスト

私が分析に使用しているカードリストをお試しで公開します。公式のカードギャラリーでは対応していない色やレアリティ、マナコストなどのフィルタリングやソートも可能です。

Naokuro
Naokuro

本記事へのコメント欄やTwitterにて感想&意見を募集中です。

多くの反響があった場合は次のセットでも公開します。

まとめ

「イニストラード:真夜中の狩り」の”緑”のカードレビュー結果を紹介しました。

他のカードレビュー内容やリミテッドの環境分析記事もありますので、あわせて読んでみてください。

Naokuro
Naokuro

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

本記事へのコメントやTwitterアカウントのフォローをお待ちしています。

リミテッド
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント入力欄

タイトルとURLをコピーしました