「イニストラード:真夜中の狩り」のカードレビュー(リミテッド環境:黒)

リミテッド
スポンサーリンク

この記事では、MTGの新セット「イニストラード:真夜中の狩り」ののカードレビュー結果を紹介します。レビュー結果は、主にリミテッド視点(シールド・ドラフト)で評価した内容となります。

本記事のポイント
  • 収録カード(黒)を一通り確認できる!
  • リミテッド環境におけるカードの強弱を把握できる!(注:管理人視点)
  • 自己評価と他者評価を比較して楽しめる!

各カードの評価点数は以下の基準で付けています。

評価点数の基準
  • 5点
    1枚でゲームに勝てるカード

    いわゆるボムレアと呼ばれるカード
    色タッチなど多少無理してでもデッキに入れたいカード

  • 4点
    必ず採用したいカード

    カードパワーが強く、積極的にデッキに採用・ピックしたいカード

  • 3点
    平均的なパワーのカード

    枠があれば採用したい平均的なカードパワーのカード

  • 2点
    条件によって採用したいカード

    使用するアーキタイプや場面によって強い/弱いが大きく変化する(ブレ幅が大きい)カード

  • 1点
    アンプレイアブルなカード

    カードパワーが低すぎてどんな場合でも採用したくないカード

本記事に掲載しているカードは、以下の公式カードギャラリーの情報を基にしています。

公式ページ
更新情報
  • 2021.09.22 全体的に評価点数を見直し
  • 2021.09.18 参考資料(自作カードリスト)を追加
  • 2021.09.12 公式カードギャラリーの更新分を反映(フルスポイラー)
  • 2021.09.10 公式カードギャラリーの更新分を反映
  • 2021.09.09 公式カードギャラリーの更新分を反映
  • 2021.09.08 公式カードギャラリーの更新分を反映
  • 2021.09.05 新規投稿
  1. 評価点数の一覧表
  2. カード毎の評価
    1. 084《尊大な無法者》
    2. 085《破滅刃の悪漢/破滅爪の匪賊》
    3. 086《コウモリに囁く者》
    4. 087《焼印刃》
    5. 088《血の契約》
    6. 089《血統の選別》
    7. 090《税血の徴収者》
    8. 091《滅びし者の勇者》
    9. 092《思慮深き巾着切り/欲深き霊》
    10. 093《地下室からの這い上がり》
    11. 094《ヒルの呪い/血吸いの闇潜み》
    12. 095《窓からの放り投げ》
    13. 096《戦墓の大群》
    14. 097《戦慄の猟犬》
    15. 098《強迫》
    16. 099《踊り食い》
    17. 100《有頂天の呼び覚ます者/目覚めた悪魔》
    18. 101《不正行為》
    19. 102《グールの行進》
    20. 103《素晴らしき復活術師、ギサ》
    21. 104《墓地の侵入者/墓地の大食い》
    22. 105《先祖伝来の鏡/相続された悪鬼》
    23. 106《引きずり足のゾンビ》
    24. 107《冥府の掌握》
    25. 108《ネファリアのグール呼び、ジャダー》
    26. 109《堕落した司教、ジェレン/堕落者、オーメンダール》
    27. 110《見捨てられし者の王》
    28. 111《グリセルブランドの仮面》
    29. 112《食肉鉤虐殺事件》
    30. 113《病的な日和見主義者》
    31. 114《モークラットのビヒモス》
    32. 115《屍合成》
    33. 116《八方塞がり》
    34. 117《新米密教信者》
    35. 118《オリヴィアの真夜中の待ち伏せ》
    36. 119《腐敗した再会》
    37. 120《不審な旅行者/忍び寄る捕食者》
    38. 121《包囲ゾンビ》
    39. 122《殺戮の専門家》
    40. 123《流城の血泥棒》
    41. 124《穢れた敵対者》
    42. 125《吸血鬼の侵入者》
    43. 126《復讐に燃えた絞殺者/絞殺の手》
  3. 参考資料:分析用のカードリスト
  4. まとめ

評価点数の一覧表

カード毎の評価点数を一覧表にまとめました。

Noカード名レア点数
084尊大な無法者C2.5
085破滅刃の悪漢
破滅爪の匪賊
U3.5
086コウモリに囁く者C2.5
087焼印刃C3.0
088血の契約C2.5
089血統の選別R4.0
090税血の徴収者U3.5
091滅びし者の勇者R4.0
092思慮深き巾着切り
欲深き霊
U3.0
093地下室からの這い上がりC3.5
094ヒルの呪い
血吸いの闇潜み
R3.5
095窓からの放り投げC3.5
096戦墓の大群C3.5
097戦慄の猟犬U4.0
098強迫C1.0
099踊り食いC3.5
100有頂天の呼び覚ます者
目覚めた悪魔
C2.5
101不正行為U3.5
102グールの行進U4.0
103素晴らしき復活術師、ギサR5.0
104墓地の侵入者
墓地の大食い
R4.0
105先祖伝来の鏡
相続された悪鬼
R3.5
106引きずり足のゾンビC3.5
107冥府の掌握U4.0
108ネファリアのグール呼び、ジャダーR4.0
109堕落した司教、ジェレン
堕落者、オーメンダール
M4.0
110見捨てられし者の王M4.5
111グリセルブランドの仮面R4.5
112食肉鉤虐殺事件M4.5
113病的な日和見主義者U4.0
114モークラットのビヒモスC3.5
115屍合成U2.5
116八方塞がりC3.0
117新米密教信者C2.0
118オリヴィアの真夜中の待ち伏せC3.5
119腐敗した再会C2.5
120不審な旅行者
忍び寄る捕食者
C3.0
121包囲ゾンビC3.5
122殺戮の専門家R4.0
123流城の血泥棒U3.5
124穢れた敵対者M4.0
125吸血鬼の侵入者C3.5
126復讐に燃えた絞殺者
絞殺の手
U3.5

カード毎の評価

084《尊大な無法者》

コメント
  • ライフゲインのシナジー有無で評価が分かれそう
  • 現状としては、カードが不足している際に採用する程度の強さ

085《破滅刃の悪漢/破滅爪の匪賊》

コメント
  • 両面共にブロッカーの一時的な弱体化が可能
  • 先攻、盤面優勢時に強力な一枚
  • オーラやコンバットトリック、除去スペルと相性◎

086《コウモリに囁く者》

コメント
  • 4/2+条件によってコウモリ(飛行1/1)トークンを生成可能
  • 本セットは飛行クリーチャーが多いのでコウモリが活躍できるかは微妙だが、相手に飛行/到達持ちがいなければ「対戦相手がライフを失っていた場合」という条件を毎ターン達成しやすくなる

087《焼印刃》

コメント
  • 接死を付与するコンバットトリック、パワーが1以上あれば相打ち上等で相手クリーチャーを倒すことが可能
  • 相手の大型クリーチャーを小型ブロッカーで相打ちする使い方が強そう
  • キャントリップ付きという点も優秀◎

088《血の契約》

コメント
  • 黒のドロースペル
  • 基本的には自分に打つが、相手のライフが2以下の場合は相手に使って勝利も可

089《血統の選別》

コメント
  • 単体除去 or 各種カードで生成される腐乱ゾンビなどのトークン全体を除去可能なスペル
  • 大型サイズのクリーチャーは対処できないので注意

090《税血の徴収者》

コメント
  • 5マナ3/4飛行持ちと基本性能が高く、相手がライフを失っていればディスカードまで可能なクリーチャー
  • このタイミングのディスカードは相手の重たいカードを捨てることが期待できる
  • 何とか条件を満たし、相手の手札リソースを減らしつつ盤面の強化を狙いたい

091《滅びし者の勇者》

コメント
  • 初手に欲しい一枚
  • 序盤から場に出して強化できれば手に負えなくなるが、終盤引くと弱い
  • 本セットにはゾンビ・カードが多数収録されている(はず)ので、誘発カードには不足しない想定

092《思慮深き巾着切り/欲深き霊》

コメント
  • 3マナ 2/1とステータスは弱いものの、ダメージを受けているクリーチャーの除去が可能
  • 瞬速を持っていないので、相手ターンには使用できない
  • 戦闘 or 火力などのダメージを与えてから使用することになる
  • 降霊後、2/2+飛行・接死持ちの優秀なアタッカー兼ブロッカーとして活躍できる

093《地下室からの這い上がり》

コメント
  • クリーチャーの墓地回収が可能なスペル
  • 1マナとコストが軽いので、続けてクリーチャー呪文を唱えやすい(夜明も可)
  • フラッシュバックによる再利用、盤面のゾンビ強化と使い勝手が良い

094《ヒルの呪い/血吸いの闇潜み》

コメント
  • 対戦相手のライフを1点ずつ削ることが可能なオーラ
  • 盤面が膠着していても確実にライフを削ることが可能
  • 相手としては何もせずに夜明を発動するか、1点削られるかの2択を迫られる
  • 夜になるとは3マナ 4/4 絆魂持ちという高マナレシオのクリーチャーに変身

095《窓からの放り投げ》

コメント
  • 3マナと比較的軽めの確定除去スペル
  • 飛行クリーチャーは除去できないが、緑のよくある飛行除去よりは対象が多い(はず)
  • インスタントという点も◎

096《戦墓の大群》

コメント
  • 1枚で3面展開できるクリーチャー・カード
  • 5マナで3/4+腐乱ゾンビ(2/2)×2体=7/8相当
  • ゾンビのロード能力を持つカードやサクリファイスなどシナジー多数あり

097《戦慄の猟犬》

コメント
  • フィニッシャーサイズの基本性能を持ちながら、相手のライフを削る能力を持つ
  • 相手のクリーチャーや墓地でも誘発する点が強力
  • 場に出た時に最大3点のライフを削れる

098《強迫》

コメント
  • お馴染みのディスカードスペル
  • リミテッドではクリーチャー主体となるので活躍はあまり期待できない
  • フラッシュバック持ちのスペルも多いことが向かい風

099《踊り食い》

コメント
  • 1マナ+追加コストが必要な確定除去スペル
  • 本セットでは人間トークンや腐乱ゾンビトークンを生成するカードが多いので、黒軸、白黒軸で特に強く使える除去カードとなるだろう
  • クリーチャーの生け贄コストを払わなくても、5マナの確定除去として及第点のスペック
  • コモンというレアリティなのもうれしい点
  • 厄介な降霊クリーチャーは追放除去しよう

100《有頂天の呼び覚ます者/目覚めた悪魔》

コメント
  • 1回限定のサクリ台
  • 他のクリーチャーをサクることで、1ドロー+変身が可能
  • 変身すると4/4サイズ(デーモンだが飛行なし)に強化でき、中盤の戦闘に積極的に関与できるようになる

101《不正行為》

コメント
  • 2マナの条件付き除去スペル
  • 本セットに収録されているパワー2以下のクリーチャーの枚数によって評価が変わる
  • 調査のオマケ付き

102《グールの行進》

コメント
  • 毎ターン1回のみという制限はあるが、自分や相手のクリーチャー(トークン以外)が死亡するたびに腐乱ゾンビ1体を生成可能なエンチャント
  • サクリファイスや死亡時参照や、ゾンビを参照するカードとの相性◎
  • 全体除去への対抗手段ともなる

103《素晴らしき復活術師、ギサ》

コメント
  • 4マナ 4/4と単体性能は申し分ない
  • 相手のクリーチャーの墓地再利用を防ぎ(降霊などを使わせない)、かつ自分のクリーチャーとして再利用するアドバンテージの鬼
  • 除去されなければ勝利は目前

104《墓地の侵入者/墓地の大食い》

コメント
  • 3マナで3/3(第1面)、4/4(第2面)という殴りやすい高ステータス
  • 護法のコストがディスカードという点も優秀(単体除去する際に合計2枚のカードを使わせる)
  • 墓地対策もしつつ、1点 or 2点のライフドレインでの追加ダメージも与えられる

105《先祖伝来の鏡/相続された悪鬼》

コメント
  • フレーバーテキストどおり、第1面の能力を3回使用すると第2面に変身する(片道切符)
  • 合計3点のライフを支払い、カードを3枚捨て、3枚ドローし、3枚切削できるので、墓地・手札のリソースを増やすことが可能
  • 変身後、飛行4/4というフィニッシャー級のサイズで登場しつつ、肥やした墓地を食べながら強化して殴りかかろう(相手の墓地も可)

106《引きずり足のゾンビ》

コメント
  • 3マナ2/2接死持ちという相手が嫌がるクリーチャー
  • 死亡後に腐乱ゾンビを残していくので活用の幅が広い
  • 3マナ域の枠で困ったらとりあえず入れておけば良いだろう

107《冥府の掌握》

コメント
  • 2マナと最軽量かつ、インスタントで打てる確定除去スペル
  • 構築・リミテともに最強クラスの除去と判断
  • 2点のライフを失うデメリットは、ほとんどの場面に置いて気にならないだろう

108《ネファリアのグール呼び、ジャダー》

コメント
  • 1/1と非力ながら、腐乱トークンを生成できるシステムクリーチャー
  • 場に出たターン(終了ステップ)から腐乱ゾンビを生成可能
  • 腐乱ゾンビで殴る→生贄→トークン生成と永続的に腐乱ゾンビを生成できる
  • サクリファイスや死亡時を参照する能力と相性◎
  • 《物騒な群衆》《滅びし者の勇者》との相性◎

109《堕落した司教、ジェレン/堕落者、オーメンダール》

コメント
  • 自分の終了ステップの開始時にライフが13点であれば強力なデーモンに変身できる
  • デーモンは6/6、飛行、トランプル、絆魂、他のクリーチャーをサクると1ドローの能力があり、1枚で勝利に近づく性能を持つ
  • 対戦相手を含めライフ計算が面倒になる
  • ライフ調整に手間取っている間に除去される運命を辿りそう

110《見捨てられし者の王》

コメント
  • 1枚で盤面を制圧できる基本性能(6/6、飛行、トランプル)を持つ
  • サクリ台としての運用も可能
  • 3枚切削の効果は相手も選択できるのでライブラリーアウトも狙える
  • 墓地の降霊やフラッシュバックを唱えるためのマナサポートも可能

111《グリセルブランドの仮面》

コメント
  • 飛行+絆魂という強力な能力を付与できる装備品
  • 装備したクリーチャーの死亡時にパワー分のライフを支払い大量ドロー(リソース回復)が可能
  • 絆魂が付いているのでライフ支払いのデメリットが帳消しとなる
  • 装備品を破壊されない限り、装備→殴る→リソース回復→・・・でゲームが終わるだろう
  • 構築の黒を軸としたアグロデッキで強そうな一枚(除去されてもリソース回復が可能)

112《食肉鉤虐殺事件》

コメント
  • Xマナ分のマイナス修正が可能な全体除去エンチャント
  • 常在型能力2つを持ち、クリーチャーの死亡参照で相手のライフを削ったり、自分のライフを回復することが可能
  • 全体除去が不要な場合は、X:0マナで唱えて常在型能力のみを活用しよう
  • 自分の盤面上のクリーチャー数によっては一気に相手のライフを削り切ることも可能

113《病的な日和見主義者》

コメント
  • 戦場にいるだけで適宜リソース回復が可能な補給兵、戦闘はちょっと苦手
  • ヘイトを集める囮としても使用可

114《モークラットのビヒモス》

コメント
  • 5マナ+クリーチャー1体の生け贄 or 7マナで唱えることが可能な大型クリーチャー
  • 5マナ 7/6威迫は盤面を制圧可能な力を持つので、腐乱ゾンビなどを使って唱えたい
  • 威迫持ちなので攻撃を通しやすい点が優秀
  • 黒軸でフィニッシャーに困ったときの1枚

115《屍合成》

コメント
  • 他のクリーチャー(対戦相手含む)が死亡するたびに強化する能力を付与するエンチャント
  • エンチャントしているクリーチャーの死亡時に、有効カードを探すこともできる
  • 自分の盤面上で強いクリーチャーに付けると除去されて終わってしまうので、弱いクリーチャーに付けて的を散らす使い方が最適か
  • 腐乱ゾンビとの相性も良い

116《八方塞がり》

コメント
  • 腐乱ゾンビを生成できる手札破壊スペル
  • 終盤に引くとただの腐乱ゾンビ製造機(相手の手札が無い)となってしまうので注意
  • 相手の手札と噛み合うともの凄い強いが、平均的にはイマイチ

117《新米密教信者》

コメント
  • 死亡したときに1ドローの能力は強いが、2マナ1/2のステータスが弱すぎる
  • 2/1にして欲しかった…

118《オリヴィアの真夜中の待ち伏せ》

コメント
  • 2マナのクリーチャー除去スペル
  • インスタントかつコストが軽いので使いやすく、夜の場合はほぼ確定除去として使用できる点がうれしい(狼男なども一撃)

119《腐敗した再会》

コメント
  • 墓地対策用のスペル、腐乱ゾンビの生成も可能
  • メインから採用したいカードではない

120《不審な旅行者/忍び寄る捕食者》

コメント
  • 両面共に威迫持ちのクリーチャー
  • 第2面の4/4威迫は強いので、3マナ帯のカードに困ったらとりあえず入れよう

121《包囲ゾンビ》

コメント
  • 終盤引いても役に立つ可能性が高く、盤面が膠着していても相手のライフを削る役割として活躍可能(自クリーチャーの数が多いほど高クロック)
  • 2マナ域で困ったらとりあえず入れておけば良いだろう

122《殺戮の専門家》

コメント
  • 2マナ 3/3と一段階上の性能を持つクリーチャーだが、相手に1/1人間トークンを生成するというデメリット効果あり
  • とはいえ、単体性能+相手クリーチャー死亡時にサイズアップする能力が強いので、気にせず使っていこう
  • 相手の集会条件のサポートとなってしまう点だけ忘れずに

123《流城の血泥棒》

コメント
  • 吸血鬼(黒赤)のアーキタイプで採用したい一枚
  • 相手のライフにダメージを与えられれば、継続的に盤面の強化が可能
  • 自身も対象に選べるので、吸血鬼シナジーが無くても採用価値あり

124《穢れた敵対者》

コメント
  • 2マナ 2/3接死持ちという序盤最強クラスの性能を持つ
  • 追加のコスト支払いで自身の強化とトークンの横並べが可能
  • 5マナで3/4接死+腐乱ゾンビ2体、8マナで4/5接死+腐乱ゾンビ4体・・・

125《吸血鬼の侵入者》

コメント
  • アグロで採用したい優秀な2マナアタッカー
  • 多くの吸血鬼カードが持っている「対戦相手がライフを失っていた場合」の条件を満たすたに役立つ

126《復讐に燃えた絞殺者/絞殺の手》

コメント
  • 死亡時に相手のクリーチャー or プレインズウォーカーに縛りを与える
  • 対戦相手としては第2面のオーラを貼られたくないと考えるので攻撃を通しやすいのが特徴
  • 黒には生け贄にするカードも多く、能動的に第2面に変身することが容易なので心配ない
  • 第2面の効果は相手のアップキープではないので注意

参考資料:分析用のカードリスト

私が分析に使用しているカードリストをお試しで公開します。公式のカードギャラリーでは対応していない色やレアリティ、マナコストなどのフィルタリングやソートも可能です。

Naokuro
Naokuro

本記事へのコメント欄やTwitterにて感想&意見を募集中です。

多くの反響があった場合は次のセットでも公開します。

まとめ

「イニストラード:真夜中の狩り」の”黒”のカードレビュー結果を紹介しました。

他のカードレビュー内容やリミテッドの環境分析記事もありますので、あわせて読んでみてください。

Naokuro
Naokuro

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

本記事へのコメントやTwitterアカウントのフォローをお待ちしています。

リミテッド
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント入力欄

タイトルとURLをコピーしました