【MTG】基本セット2021カードレビュー「多色」「無色」「アーティファクト」

基本セット2021マジックザギャザリング
スポンサーリンク

こんにちは。Naokuroです。

今回は、「基本セット2021」に収録されている『多色』『無色』『アーティファクト』のカードについてレビューします。

私個人の前評価かつ、プレリ含めたリミテッド寄りの評価内容となります。

多色

アンコモン

高山の犬師

デッキから特定のカードを最大2枚手札に加えることが可能です。

基本セット2021では赤と白に「犬」タイプのクリーチャーが収録されていますので、ロード含めて数を揃えられればリミテッドでも犬デッキが組めるかもしれません。

議事会の導師

今回の白緑シナジーである+1/+1カウンター系の能力です。

+1個カウンターを置けるようになるため、白緑デッキのキーカードの一つとなります。

また去り際にライフ回復もできるため、ライフ回復の誘発能力も狙えるでしょう。《議事会の導師》自体のパワーが2のため、+1/+1カウンターを乗せて3点回復できるようにすると誘発させやすいです。

実験的過負荷

青赤スペル系のカードですね。墓地参照でインスタントやソーサリーの枚数分のトークンを生成しつつ、インスタントかソーサリーの呪文を1枚回収できます。

赤の火力呪文でもいいですし、青のドローやカウンターなどその場に応じた呪文を回収しましょう。

1枚で盤面への干渉と、呪文回収ができる強力なカードです。

《実験的過負荷》が2枚あれば無限に・・・と思いましたが、呪文を唱えた後に追放されますね。残念。

凶兆艦隊の戦争屋

赤黒のサクリファイスシナジーのキーカードです。

クリーチャーを生け贄にすることで、4ターン目から5/5トランプルで殴りにいくことが可能です。

ゾンビや苗木トークンなどを餌にして、相手のライフを削りましょう。

枝葉族の報復者

4マナ4/3と標準的なステータスなものの、2つの能力が何れも強力です。

マナ生成能力は最低でも1マナ生み出すことが可能で、自分の場の状態によっては沢山のマナを生み出せる可能性があります。これで超大型の巨大クリーチャーを早めに召喚 or 中型のクリーチャーを2体召喚するなどして、盤面を制圧しましょう。

2つ目の能力は、8マナと重たいものの4点火力を飛ばすことが可能です。相手のライフを詰め切ってしまいましょう。クリーチャーには撃てないため注意してください。

耽溺する貴族階級

白黒シナジーのキーカードです。

自分のライフを回復さえできれば、相手のライフを3点ずつ削ることが可能です。

白と黒にはライフ回復できるカードも多く、誘発は容易でしょう。

飛行も持っているため、《耽溺する貴族階級》自身をエンチャントなどで強化して自分で誘発するのも良いでしょう。

知識鱗のコアトル

青緑のドロー参照カードです。

カードを1枚引くたびなので、何もしなくても自分のターンのたびに+1/+1できます。

トランプルや回避能力を付与して使いたいですね。

カードのイラストは個人的に好みです。

偏執的な縫い師

今回は青黒がリアニメイト能力なのですね。

パワーが0と戦闘に干渉しづらい点が難点なものの、ルーティングとリアニメイトの能力を持っています。

墓地肥やしと噛み合えば、最速4ターン目に大型クリーチャーを爆誕させることも可能でしょう。

双刃の暗殺者

黒緑のリアニメイト能力と思いきや、ドロー能力でした。

自分か相手のクリーチャーが死亡している場合、自分の終了ステップの開始時に1ドローできます。

天球の見張り

青白の飛行シナジーカードです。

青白で組む際は、シナジーがなくても2マナ2/2飛行クリーチャーという点のみで採用してもよいでしょう。

青白の飛行クリーチャーは小粒揃いのため、赤や黒の大型飛行クリーチャーや、緑の到達クリーチャーで止められやすいので注意してください。

青白はアグロデッキで早期決着が勝ち筋になると予想します。

レア

尊敬される語り手、ニアンビ

カラー的に飛行系のシナジー能力・・・ではなく、自分のクリーチャーのバウンス能力です。

ETB能力を再び使いたい or 除去から守る際に使うと良いかと考えます。

ドロー能力は伝説カード限定の条件のため、リミテッドでは使うのが難しいと思います。

ケルドの心胆、ラーダ

自分のターン=アタック時は先制攻撃が付与される攻撃的なクリーチャーです。グルールっぽい。

手札から土地を出すのではなく、ライブラリートップから優先して土地を出しましょう。

マナフラ受けもよく、非常に強力なクリーチャーカードと判断します。

トランプルも付けちゃいましょう。

万物の聖域

5C祭殿デッキというアーキタイプが生まれるのでしょうか。

リミテッドではまず出せませんね。。ハズレレアとなってしまいます。

ジ、ジェガンサを。

無色

神話レア

精霊龍、ウギン

ボムレアの一つですね。

パック開封し、No001が見えたらとりあえずガッツポーズしましょう!!

カード自体の能力に言うことはありません。色も選ばないため、どんなデッキにも入ります。

8マナまでじっくり戦えるデッキを組みましょう。

アーティファクト

コモン

忘れられた歩哨

パワー4参照シナジーを狙う場合は採用するかもしれません。

通常は採用しないと思います。

プリズマイト

いつもはプリズマイトを使う機会がほぼ無いのですが、今回はダブル・トリプルシンボルも多く、低マナ域にマナ生成系のカードが無いため、採用するかもしれません。

小剣

少ないマナでクリーチャーを強化できるカードです。

コンバットトリック系のカードを採用したほうが強い動きができるでしょう。

空中走査器

飛行シナジーがある場合は採用するでしょうが、3マナ1/1飛行は1ドローが付いていても、ちょっと弱いと感じます。

場に出したところで、盤面の劣勢状態が続いてしまうでしょう。

静かな隠し矢

基本セット2021の環境では、3点火力は非常に強力です。コモン・アンコモンのクリーチャーの内、約8割を焼くことができます。

除去カードが足りない場合は採用しましょう。

アンコモン

金属複製機

5マナで4/4クリーチャー2体は非常に強力ですが、リミテッドでは条件を満たしづらいと感じます。

墓碑のゴーレム

リミテッドにおいて強く使う方法があるでしょうか。

5マナ3/5ステータスであれば、他のカードを採用するでしょう。

パラジウムのマイア

無色マナではあるものの、2マナ生み出せるのは強力です。

3マナ2/2と一定のステータスもあるため、重たい強力カードを多く採用したい場合は有用となるでしょう。

隕石

5マナが重すぎます。

2点火力は、コモン・アンコモンの約5割のクリーチャーを焼けますが、やはりコストが重い。

除去が足りない or ダブル・トリプルシンボルの重たいクリーチャーを採用したい場合に使う・・・かもしれません。

トーモッドの墓所

墓地関係の能力許さないマンのカードです。

メインで採用しても腐る可能性があるため、サイドボードで使いましょう。

レア

精神迷わせの秘本

最大4回使用できる占術 or ドローカードです。

序盤に置けた場合は、タップのみの占術×4回で充分デッキの回りが安定しそうです。

終盤マナが余っている場合には、毎回ドローに変えるとよいでしょう。

真面目な身代わり

4マナ2/2とステータスが弱いものの、ダブル/トリプルシンボルの事故を避けつつランプできる能力は有用です。

死亡時に1ドロー出来る点も嬉しいですよね。

灯狩人のマスティコア

ディスカードの追加コストが少々手痛いですが、3マナで破壊不能を付与できる能力が強力です。

プレインズウォーカーが出てきたとしてもほぼ封殺できるため、とりあえず入れ得なカードだと思います。

神話レア

彩色の宇宙儀

盤面に影響を与えるカードではなく、マナコストも7マナと重たいため、リミテッドでは強く使えないでしょう。

まとめ

基本セット2021の「多色」「無色」「アーティファクト」のカードをレビューしました。

基本セットのため、多色カードの種類は少ないですが友好色・対抗色ともに1枚以上収録されています。アーキタイプは別途分析しますが、個人的には白緑、青赤、白黒を使ってみたいです。

基本セット2021のリミテッド分析情報はコチラ
基本セット2021の商品情報はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました