フォーゴトン・レルム探訪の特製バインダーの紹介

カードサプライ
スポンサーリンク

7/16からMTGの新セット「フォーゴトン・レルム探訪」のプレリリースが始まりました。今回のプレリリースでは、「特製カードバインダー」をゲットできるキャンペーンが開催されています。具体的な入手方法は以下の2つ。

入手方法
  • プレリリース・イベントに参加し、第1回戦の対戦相手とダイスの出目勝負(今回のプレリリース・パックに付属する20面ダイス推奨)を行って勝利した方に配布
  • 「自宅でプレリリース」用に『フォーゴトン・レルム探訪』プレリリース・パックを2個購入された方に配布

私はダイス勝負に勝てる自身が無かったので、カードショップの開店直後にプレリリース・パックを2個購入してゲットしてきました。(実はプレリリース参加時のダイス勝負で勝利し、もう1つゲット!)

今回は、こちらのカードバインダーを紹介します。バインダーがどんな感じなのか知りたい方におすすめの記事です。

  • プレリリース・パックを2個購入しようか迷っている方
  • フリマサイトなどで購入しようか迷っている方

バインダーの使用感を簡単に紹介すると以下の感じです。

バインダーの使用感
  • シングルスリーブであれば120枚収納可能(公式提示は80枚)
  • コンパクトにカードを持ち運びたい方におすすめ

それでは具体的に紹介していきます。

外装デザインは「ドリッズト・ドゥアーデン」

特製バインダーのオモテ・ウラそれぞれデザインを紹介します。

まず、オモテ面は「ドリッズト・ドゥアーデン&グエンワイヴァー」のシルエットが描かれたデザインとなっていて非常にカッコイイ!(D&D未経験の私でも良いデザインと感じました)

ウラ面は無地です。

Naokuro
Naokuro

実はオモテ・ウラともに同じデザインかな?と期待していました…

コンパクト設計のサイズ

特製バインダーのサイズは以下のとおり(実寸)で、非常にコンパクトなバインダーとなっています。持ち運ぶ際に非常に便利だと感じました。

  • 横:16.7㎝
  • 縦:20.4㎝

収納ページを見てみよう

次に特製バインダーの収納ページを紹介します。

  • 1ページあたり2×2枚の収納スペース×10ページ
  • カードを入れる箇所はページの裏側のみ
  • 収納は横入れタイプ
  • カード1枚の収納スペースは割と広めで、シングルスリーブで丁度良い感じ

1ページ目

2ページ目

収納はページの裏側&横入れ(写真は1ページ目の収納箇所)

シングルスリーブで丁度良いサイズ感の収納スペース

実際に1ページに4×2枚(表裏)収納しても少しスペースに余裕があるので、もう1枚ずつ(計12枚/ページ)収納することも可能です。ただし、その場合はカードが見えないので同じカードを収納するなど工夫が必要です。

結果として12枚/ページ×10ページ=最大120枚収納できます。

まとめ

「フォーゴトン・レルム探訪」の特製バインダーを紹介しました。ここで、ポイントをおさらいしてみましょう。

特製バインダーのポイント
  • カードの収納枚数はシングルスリーブで最大120枚(入れ方によってはもう少し入りそう)
  • コンパクトサイズ(横:16.7㎝、縦:20.4㎝)で持ち運びに便利
  • 1ページあたり2×2枚の収納スペース×10ページ
  • 横入れタイプの収納

特典のバインダーとしては非常に使いやすく、おすすめです。もし、興味がありましたらお近くのショップやフリマサイトで探してみてはどうでしょうか。

Naokuro
Naokuro

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

本記事へのコメントや、Twitterアカウントのフォローをお待ちしています。

コメント入力欄

タイトルとURLをコピーしました