「ニューカペナの街角」新メカニズムの情報まとめ

製品情報
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2022年4月29日にMTG(マジックザギャザリング)の新セット「ニューカペナの街角」が発売されます。

「ニューカペナの街角」には以下5つの新メカニズムが収録されます。これらのメカニズムはニューカペナの覇権を争う5つのファミリーごとに存在し、各ファミリーの特徴を表しています。

  • 常夜会/Obscura:「謀議/CONNIVE」
  • 貴顕廊/Maestros:「犠牲/CASUALTY」
  • 土建組/Riveteers:「奇襲/BLITZ」
  • 舞台座/Cabaretti:「団結/ALLIANCE」
  • 斡旋屋/Brokers:「盾カウンター/SHIELD COUNTERS」
Naokuro
Naokuro

盾カウンターという名称だけ統一感に欠けるような・・・

英語名(原文)を訳すとまぁそうですねなのですが、他4つが2字熟語なので揃えるのもありだったかも?例:防護とか

注:個人主観

この記事では5つの新メカニズムのポイントをまとめて紹介しています。カード・プレビューやリミテ参加前の情報把握に役立てていただければと思います!

情報ソース 『ニューカペナの街角』のメカニズム

謀議/CONNIVE

常夜会/Obscuraのメカニズムは「謀議/CONNIVE」です。

私のように土地事故(マナスク/マナフラ)と縁が深い方は重宝するメカニズムです。爆発力は無さそうですがデッキの安定性は高まるでしょう!飛行など回避能力持ちの生物を継続強化できれば殴り切ることも可能です(リミテ)。

犠牲/CASUALTY

貴顕廊/Maestrosのメカニズムは「犠牲/CASUALTY」です。

サクリファイス好きの方必見!犠牲コストを支払えば呪文の効果が2倍(コピー)になります。呪文の効果によっては大きな爆発力があるので、脳汁ブシャーとなるケースが多そうな印象です。一度ハマると病みつきになるかもしれません。

奇襲/BLITZ

土建組/Riveteersのメカニズムは「奇襲/BLITZ」です。

英語名のBlitzがとにかくカッコいい(個人主観)!奇襲後に生け贄に捧げる必要がありますが、1ドローがなぜか付いているので手札リソースを減らさずに使用できます。

黒の生け贄、赤の速攻、緑の・・・???

団結/ALLIANCE

舞台座/Cabarettiのメカニズムは「団結/ALLIANCE」です。

MTGを始めたばかりの方でも分かりやすいメカニズムです。とにかくクリーチャーを出せばOKで、あとは団結の誘発能力を積み上げながらオラオラ~と攻勢を仕掛けていきましょう!

盾カウンター/SHIELD COUNTERS

斡旋屋/Brokersのメカニズムは「盾カウンター/SHIELD COUNTERS」です。

「盾カウンター」は文字どおり直接的な攻めの能力ではなく守りの能力となります。自分の強力なクリーチャー(システムクリーチャー含め)やプレインズウォーカーを守ることで優位な盤面をキープしていきましょう!

まとめ

MTGの新セット「ニューカペナの街角」に収録される5つの新メカニズムについて紹介しました。

  • 常夜会/Obscura:「謀議/CONNIVE」
  • 貴顕廊/Maestros:「犠牲/CASUALTY」
  • 土建組/Riveteers:「奇襲/BLITZ」
  • 舞台座/Cabaretti:「団結/ALLIANCE」
  • 斡旋屋/Brokers:「盾カウンター/SHIELD COUNTERS」

いずれも魅力的なメカニズムとなっていますが、みなさんはどのファミリー/メカニズムがお好みですか?コメントなどでリアクションしていただけると嬉しいです!

「ニューカペナの街角」の製品情報はこちら
製品情報
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント入力欄

タイトルとURLをコピーしました