MTGテーロス還魂記の予約シングル価格変動

夢さらい開封
スポンサーリンク

どうも、Naokuroです。

本日、テーロス還魂記の予約シングルが『晴れる屋』さんから届きました。

投資目的で購入した訳ではありませんが、少しカード価格の推移も追ってみようと思い、今回の記事を書きました。

自分の判断のみでカードの強さを見極める練習になるかもしれませんね。

今後の価格も順次アップデートの上、価格動向を追っていきたいと思います。

購入したカード一覧

今回、予約して購入したカードは5種類です。

『夢さらい』

まずは、『夢さらい』です。

こちらは、カードリストを眺めて見つけた瞬間に『欲しい』と思ったため、即予約しようと思いました。

自身の能力でカードを引けて、カードを捨てると呪禁を得る・・・と自分で完結している能力。

かつ飛行、絆魂(これがエライ)、実質アタック時は5/5。強い。

ただ、青白コン以外の採用ケースは今のところないと思うため、言うほど高騰はしないと思います。


『啓蒙の神殿』

続いては『啓蒙の神殿』です。

単純に青白コントロールを使用していたため、言うまでもなく予約しました。

今回の友好色の占術ランドは、一通り揃えておいた方がよいと思います。


『タッサの介入』

次は『タッサの介入』です。

今回、青白が強化されると判断し、こちらも迷うことなく予約しました。

ただ、4枚採用枠か・・・というところが微妙な気がしたのと、既にある程度の価格となっていたため、

2枚予約しました。


『急嵐のトリクス』

続いては、『急嵐のトリクス』です。

青単などフラッシュ系のデッキで採用の可能性が高いため、個人的に好きなデッキタイプなので予約しておきました。

現時点は、あまり採用されている感じはしませんが、ひとまず青単も組む予定です。

相手のクリーチャーの攻撃を返り討ちにできるため、案外使い易いのでは・・・と思っています。
(紙のデッキはこれから、MTGAはリミテッド中のため、まだ使っていません)


『エルズペス、死に打ち勝つ』

最後は『エルズペス、死に打ち勝つ』です。

こちらも青白コントロールの採用枠となると判断し、予約しました。

4枚はコスト含めて重すぎるため、最大でも2枚採用予定かなと思い、2枚予約しました。

こう見ると、青と白のみですね。。

あと欲しいカードが沢山ありましたが、既に一定の価格となっていたためBox開封するので当ててやる・・・という甘えで予約しませんでした。


さて、それでは価格の推移を見ていきましょう。

価格の推移( 2020.02.23 更新 )

スタート地点となる、予約購入時の明細書の抜粋です。

購入時および、定期的(Weekly)な価格の推移を以下に示します。

価格推移(晴れる屋さん基準)

2020.02.23更新

テーロス還魂記が発売されて、1か月が経ちましたね。そろそろ環境も落ち着き、価格も推移が緩やかになりました。ひとまず、今回で一旦推移の更新は止めようと思います。

結果的に、青白コントロールの復権によって以下の3枚は順当に上がりました。
・啓蒙の神殿
・夢さらい
・エルズペス、死に打ち勝つ


以下の2枚は思ったほどデッキには採用されず、予約時と比較して下がってしまいました。
タッサの介入も4積みのデッキは少なく、カード自体は採用されているものの供給過多と感じます。
・急嵐のトリクス
・タッサの介入

結果としては、トータルで約2倍に上がったので投資的には大成功でしょう。(投資目的ではありませんが)

次のエキスパンション「イコリア:巨獣の棲処」もカードリストが公開され次第、安くて強いカードを選定して情報公開します。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ご意見、ご感想をお待ちしています。

テーロス還魂記 | 通販ショップの駿河屋
開封
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました