【MTG】ゼンディカーの夜明け カードレビュー(土地)

マジックザギャザリング
スポンサーリンク

こんにちは。Naokuroです。

今回は、「ゼンディカーの夜明け」に収録される土地のカードレビュー記事です。

リバーシブルデュアルランドは1種類のみレビューします。他は同様と捉えてください。

カードリストは、MTG公式(日本)から公開されている情報を引用しています。

神話レア

収録カードなし

レア

枝重なる小道/石重なる小道

・アンタップインなデュアルランド!!
・とりあえず全種類のリバーシブルデュアルランドを集めよう(4枚ずつ)

・紙の場合、裏返すのが面倒ですよね(色を示すトークンやダイスなどでカバー?)
・一度出したものは1色マナ固定

陽光昇りの小道/恐怖昇りの小道

清水の小道/泥水の小道

岩山被りの小道/樹木被りの小道

針縁の小道/柱縁の小道

河川滑りの小道/溶岩滑りの小道

這い回るやせ地

・新しいミシュラランド
・クリーチャーになることを選ばないことも可能、1回目の起動は《無情な行動》のケア可
・余ったマナコスト分で徐々に強化できるため、フラッシュ系やコントロール系のデッキで使ってみたい

・速攻は付与されない

・2つ目の能力は、既にクリーチャーであっても起動できる。
・置かれているカウンターは、これがクリーチャーでなくなってもそのまま残る。後でこれがクリーチャーになったなら、それらのカウンターが適用されることになる。 

マキンディの玉座

・キッカーを多用するデッキで採用されるであろうカード
・マナの貯金箱(使うときは好きな色)
・1マナ+タップの起動コストのため、実質2マナ貯金

・キッカーで呪文を唱えるためにだけ使用可能

ベースキャンプ

・本セットの目玉能力であるパーティーを全面に押し出した土地カード
・パーティー関連の条件付きだが、任意の色マナを出すことが可能
・パーティーデッキの多色化を支えられる

・《ベースキャンプ》の最後の能力によって生み出されたマナは、戦場にないカードの能力を起動するためや、解決中の誘発型能力のコストを支払うために使用することはできない。

アンコモン

収録カードなし

コモン

本セットの基本土地カードは、全てフルアート土地となります。

平地

両面デュアルランドの色の組み合わせ一覧

カード名色の組み合わせ備考
収録なし白青有効色
清水の小道/泥水の小道青黒有効色
収録なし黒赤有効色
岩山被りの小道/樹木被りの小道赤緑有効色
枝重なる小道/石重なる小道緑白有効色
陽光昇りの小道/恐怖昇りの小道白黒対抗色
収録なし黒緑対抗色
収録なし緑青対抗色
河川滑りの小道/溶岩滑りの小道青赤対抗色
針縁の小道/柱縁の小道赤白対抗色

まとめ

ゼンディカーの夜明けの「土地」のカードリストおよびレビュー内容を紹介しました。

今回も面白いデザインのカードが多く、発売日が待ち遠しいですよね。

私は、以下の内容で「ゼンディカーの夜明け」を楽しむ予定です。

  • プレリリースイベント(シールド)への参加
  • ブースター・ドラフトイベントへの参加
  • 子どもたちとリミテッド(通常版 1BOX)
  • パック開封(セット・ブースター 2BOX)
  • MTGAのプレミアドラフト連戦

構築フォーマット(紙・デジタル)は、これらを楽しんでからの予定。

新セット「ゼンディカーの夜明け」、みなさんも一緒に楽しみましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

よろしければ、他のMTG関連の記事も読んでみてください。

ゼンディカーの夜明け セット・ブースターBOX

コメント

タイトルとURLをコピーしました