【MTG】おすすめインナースリーブ(サイドインパーフェクト)

サプライ紹介
スポンサーリンク

こんにちは。Naokuroです。

みなさん、MTG(マジックザギャザリング)のカードは、スリーブに入れて大切に保護しますよね。その際、2重や3重スリーブ方式を採用している方が多いと思います。

2重以上のスリーブ方式の場合、カードをインナースリーブの上 or 下から入れて、アウタースリーブはインナースリーブの逆方向から入れますよね。

私の経験上、上下から収納するタイプのインナースリーブの場合、下の写真のように微妙なスリーブのサイズによってインナースリーブが押し戻されて、少しはみ出てしまうことがよくありました。
みなさんも同じような経験をしたことがありませんか?

サイドボード含め75枚をスリーブに入れている際、この状態になるとテンションが下がります。。この状態を解消するために何度か入れ直すため、時間も掛かります。


この問題は、「サイドインパーフェクト」というインナースリーブを使用するとバッチリ解決できます。

そこで今回は、私がオススメするインナースリーブである「サイドインパーフェクト」について紹介します。

また、MTG初心者の方に多い「どんなインナースリーブを使用するのが良いですか?」という質問の1つの回答にもなるかと思います。

それでは目次です。

商品仕様

まずは、商品仕様を紹介します。

サイドインパーフェクトの商品仕様

商品名:サイドインパーフェクト
発売元:株式会社KMC
サイズ: 64×89mm
厚さ:0.05mm
枚数:100枚
参考価格:250円(1枚あたり2.5円)

KMCには、「パーフェクトサイズ」という縦入れの同種商品もありますので、間違わないように注意してください。

次に本商品を使用するメリットについて紹介します。

メリット

カードを入れやすく、2重スリーブの干渉なし

横入れタイプなので、カードの長辺=開口部が広いため、カードをスリーブに入れやすいです。

何よりも、インナースリーブ(左右)とアウタースリーブ(上下)の向きの違いにより、干渉なく入れることが可能です。結果として、冒頭で紹介したようにスリーブが少しはみ出てしまうこともなく、きれいに入れることが可能となります。

カードの入れ方(2重スリーブの参考例)

最初はインナースリーブです。
右または左からカードを入れます。
方向は左右どちらでもOKですが、私は右から左派です。

次にアウタースリーブです。
上または下からカードを入れます。
こちらも方向は上下どちらでもOKですが、私は上から下派です。

完成です。



動画でも紹介します。



2重、3重スリーブの際の空気抜けが良い

2重や3重スリーブの場合、スリーブにカードを入れた段階では空気が溜まりやすくなっています。重しを乗せたり、デッキケース内でキツキツに収めたりと空気抜きの作業が必要な場合が多いですよね。「サイドインパーフェクト」をインナースリーブに使用した場合は、空気抜けが良くほとんど空気抜きの作業も必要ありません。

それでは次にデメリットについて紹介します。

デメリット

一般的なインナースリーブより少しだけ割高

他メーカーのインナースリーブや同社の「パーフェクトサイズ」と比較すると、少し割高感があります。

ただ、圧倒的に前述したメリットを踏まえると、コストパフォーマンスが高いと判断しています。最悪、上下タイプの場合は、サイズのかみ合わせが悪いとスリーブを数枚無駄にしてしまうこともあります。

種類参考価格
他社メーカーのインナースリーブ100〜200円
KMC パーフェクトサイズ220円
KMC サイドインパーフェクト250円

上下開口よりも間口が広く汚れやすい?

カードの形状上、横よりも縦の方が長いため、自動的に横入れタイプの方がインナースリーブの開口部が広くなりますよね。

上下タイプよりも汚れやすいのでは?と思う方もいるかもしれません。

私は「サイドインパーフェクト」に入れたカードを、アウタースリーブやカードバインダーに入れていますが、今のところ汚れが気になったことはありません。

この心配に関しては、問題ないと判断しています。

まとめ

「サイドインパーフェクト」について紹介しました。

メリット、デメリットについておさらいします。

  • カードを入れやすく、2重スリーブの干渉も無い
  • 2重、3重スリーブの際の空気抜けが良い
  • 一般的なインナースリーブより少しだけ割高→コスパ的に問題なし
  • 上下開口よりも間口が広く汚れやすい?→汚れ問題なし

私は、「サイドインパーフェクト」に出会ってから、このインナースリーブのみを使用しています。デッキおよびレアカードの収納においても「サイドインパーフェクト」を採用しているため、在庫切れが起きやすく、頻繁に近くのショップに買いに走っています。

本記事の執筆時点、オンラインショップでも入手しやすい商品であるため、まだ試されていない方は一度試しに使ってみてはどうでしょうか。

ただし、オンラインショップで購入する際は、現状Amazonの販売価格が少し高めになっていましたので、ご注意ください。
楽天やYahoo、カードショップでの購入をオススメします。

参考までにオンラインショップのリンクを貼っておきます。


オススメの他カードサプライの紹介記事はこちら

サプライ紹介
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました