チャレンジャーデッキ2022が4月1日に発売!製品情報まとめ

製品情報
スポンサーリンク

今回は、2022年4月1日に発売予定のMTG(マジックザギャザリング)の新製品「チャレンジャーデッキ2022」の製品情報をまとめて紹介します。

この記事は以下の方におすすめです。

  • チャレンジャーデッキ2022の種類や価格を知りたい方
  • どのデッキを購入しようか迷っている方
  • 予約可能な通販サイトをお探しの方
Naokuro
Naokuro

本記事の執筆時点では収録カードは未定となっています。

続報をお待ちください・・・

チャレンジャーデッキは、購入後すぐに遊べる構成となっており、初心者から経験者まで幅広く人気の製品です。

製品概要

チャレンジャーデッキは、最初から75枚のカード(60枚のメインデッキと15枚のサイドボード)が入っており、購入後すぐに対戦することが可能です。

サイドボードも揃っているので、本格的なBO3も楽しめます!

デッキは以下の4種類

  • 白単アグロ(白)
  • ディミーア・コントロール(青黒)
  • ラクドス吸血鬼(黒赤)
  • グルール・ストンピィ(赤緑)

ちなみに「ディミーア?」「ラクドス?」「グルール?」という方は、以下の記事もあわせて読んでみてください。戻ってくる頃にはバッチリ何のことか把握できているハズ!

発売日

2022年4月1日

価格

現時点では価格が公開されていませんが、例年どおりだと以下となるはずです。

デッキ単品:3,850円(税込)

4種セット:15,400円(税込)

言語

対応言語は以下4種類です。

  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • 日本語

4種類のデッキ内容と相場価格(参考)は後日紹介!

本記事の執筆時点ではデッキ内容が公開されていないので続報をお待ちください。

白単アグロ

白単アグロは、序盤から白の優秀な軽量クリーチャーを展開し、相手よりも先にライフを削り切るデッキです。(となるハズ)

収録確定は《スレイベンの守護者、サリア》?

ディミーア・コントロール

ディミーア・コントロールは、青の打ち消しやドロースペル、黒の除去スペルを用いて序盤を凌いで大型クリーチャーで勝負を決めるデッキです。(となるハズ)

収録確定は《砂漠滅ぼし、イムリス》?

ラクドス吸血鬼

ラクドス吸血鬼は、「イニストラード:真夜中の狩り」や「イニストラード:真紅の契り」で多く登場した吸血鬼の部族シナジーが多数あるアグロ?ミッドレンジ?デッキです。(となるハズ)

血トークンや相手プレイヤーへのダメージを参照する能力を活用して戦っていくことになるでしょう。

収録確定は《ヴォルダーレンの末裔、フロリアン》?

グルール・ストンピィ

グルール・ストンピィは、「イニストラード:真夜中の狩り」や「イニストラード:真紅の契り」で多く登場した狼・狼男の部族シナジーが多数あるミッドレンジデッキです。(となるハズ)

新メカニズムの「日暮&夜明」による変身を活用して戦っていくことになるでしょう。

収録確定は《トヴォラーの猟匠/トヴォラーの群れ率い》?

スタンダードのローテーションを忘れずに

スタンダードのプレイのみを視野に入れている方は、2022年10月の新セット発売時に以下4つのセットがローテーション落ちすることに注意してください。

  1. ゼンディカーの夜明け
  2. カルドハイム
  3. ストリクスヘイヴン:魔法学院
  4. フォーゴトン・レルム探訪

予約可能な通販サイト

本記事の執筆時点では予約が開始されていません。(日本)

私の運営するショップでも入荷するはずなので、こちらもよろしくお願いします。

トレカ・サプライ専門店 naokuroshop(ナオクロショップ) powered by BASE
naokuroshop(ナオクロショップ)のNaokuro(ナオクロ)です。当ショップでは、MTGやポケモンカードのトレカを中心に販売しています。Webショップではありますが、身近に感じていただけるショップを目指しています。

その他のチャレンジャーデッキ

スタンダード向けに発売されたチャレンジャーデッキを紹介します。

パイオニア向けに発売されたチャレンジャーデッキを紹介します。

おわりに

チャレンジャーデッキ2022の製品情報を紹介しました。

一例ではありますが、チャレンジャーデッキは以下の方におすすめの製品です。

オススメの方
  • とりあえずMTGを始めてみたい
  • 一からデッキを組むのが大変
  • 大会に出てみたい
  • 実際に使ってみて自分好みのデッキを選びたい
  • 家族や友人とワイワイ遊びたい
  • デッキのパーツを集めたい

現時点ではデッキ・リストが公開されていないので判断が難しいですが、例年通りであれば非常にお得な製品となるはずです。今後の続報に期待しましょう!

収録カードによっては予約が殺到する可能性もあるので、いち早く情報をキャッチできるようにしておきましょう。

また、2022年に発売予定の「MTGの新製品」を以下の記事で紹介していますので、あわせて読んでみてください。

製品情報
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント入力欄

タイトルとURLをコピーしました