MTGAのクエスト報酬って1年分でどの位になるの?

MTGA
スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

管理人
管理人

どうも、Naokuroです。

MTGプレイヤー・コレクターのみなさん、MTGArena(MTGA)をプレイしていますか?
最近は紙でプレイする機会も減っていたり、モバイル版が正式リリースされたおかげでMTGAのユーザがドンドン増えているようです。

最近MTGAを始めた方は、カード資産不足で悩まれているかもしれません。
カード資産がないので課金で大量にパックを開封するのも良いと思いますが、無課金で遊びたい・・・という方も一定数いるかと思います。

MTGAには一定の条件を満たすと報酬を獲得できるいくつかの「クエスト」があり、それらを達成することでゴールドやカードが手に入ります。
獲得したゴールドは、パックやイベントの参加費用として使用しましょう。

今回は、これらのクエスト報酬を毎日獲得した場合の話です。
1年間で獲得できる報酬の合計ってどの位になるのでしょう?
計算したところ、思っていたよりも多くの報酬を獲得できることが判明しました。

本記事では具体的にどの位の報酬になるのか紹介します。

クエスト報酬

通常のクエストは、「白か青の呪文を20回唱える」や「対戦相手のクリーチャーを15体倒す」など、特定の条件を満たすことで報酬(500ゴールドまたは750ゴールド)を獲得できるクエストです。

1日1回追加され、最大3つまで保持することが可能

毎日欠かさずクエストを消化した場合、

年間で365日✕500ゴールド=182,500ゴールドを獲得することが可能です。

この値は全て500ゴールドの場合の計算なので、750ゴールドのクエストを獲得できた数に応じて報酬がアップします。

通常クエストのポイント
  • 獲得できる報酬は、500ゴールドまたは750ゴールド
  • 1日1回クエストが追加される
  • 最大3つまでのクエストを保持できる
  • 1日1回クエストを他の条件に変更できる(途中の進捗状況はクリア)

デイリークエスト報酬

デイリークエストは、1日の勝利数に応じて報酬を獲得できるクエストです。1勝ごとにゴールドまたはカードの報酬となっており、15勝まで達成すると合計750ゴールド+カード6枚を獲得できます。

毎日欠かさずクエストを消化した場合、

年間で365日✕750ゴールド、カード6枚=273,750ゴールド、カード2190枚を獲得することが可能です。

デイリークエストのポイント
  • 1勝〜15勝までの勝利数に応じて報酬を獲得できる
  • 報酬はゴールドまたは、カード(レアリティ・セット不確定)
勝利数報酬
1250ゴールド
2100ゴールド
3100ゴールド
4100ゴールド
5カード1枚
650ゴールド
7カード1枚
850ゴールド
9カード1枚
1050ゴールド
11カード1枚
1225ゴールド
13カード1枚
1425ゴールド
15カード1枚

ウィークリークエスト報酬

ウィークリークエストは、1週間の勝利数に応じてパックを獲得できるクエストです。5勝、10勝、15勝ごとに1パック獲得できます。

毎週欠かさずクエストを消化した場合、

年間で365日÷7日≒52週✕3パック=156パック獲得できます。

なお、獲得時のタイミングに応じてパックのセットが変化します。(本記事の執筆時点だと「ゼンディカーの夜明け」)

まとめ

MTGAのクエスト1年分の報酬について紹介しました。

各クエストの年間報酬をおさらいしてみましょう。

通常クエスト

182,500ゴールド+α/年
※α部分は750ゴールドのクエスト数に応じて増加

デイリークエスト

273,750ゴールド/年
2190枚のカード/年

ウィークリークエスト

156パック/年

これらの報酬を合わせると、

  • 456,250ゴールド
  • 2190枚のカード
  • 156パック

となります。

どうでしょう。意外と沢山の報酬を獲得できると思いませんか。
「塵も積もれば山となる」とは正にコレですよね。

これらのクエストに加えてマスタリー(経験値に応じてレベルが上がり、レベルに応じて報酬を獲得可能)もありますので、さらなる報酬アップも狙えます。
毎日MTGAの各種クエストを達成し、カード資産を増やしてみてはいかがでしょうか。

今回紹介したクエストの中では、デイリークエストの15勝に一番時間が掛かるはず。
BO1で1試合10分掛かったとしても、ストレート15勝で2時間30分ほど掛かる計算です。
可能な限り早く勝負が決まる「アグロデッキ」をオススメします。

なお獲得したゴールドをそのままパックに交換(約456パック/年)してもよいですが、プレミア・ドラフトのイベントに挑戦し、リミテッドイベントを堪能しつつカード資産を集めるのもオススメです。別記事もありますので、よろしければ読んでみてください。

あわせて読みたい

今回の記事は以上となります。

管理人
管理人

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

本記事へのコメントやTwitterアカウントのフォローをお待ちしています。

Pocket
LINEで送る

MTGA
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました