「ストリクスヘイヴン:魔法学院」のカードレビュー”黒カード編”

ストリクスヘイヴン:魔法学院
スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

管理人
管理人

どうも、Naokuroです。

本記事の内容は、MTGの新セット「ストリクスヘイヴン:魔法学院」のカードレビュー結果です。
主にリミテッド視点(シールド・ドラフト)で評価した内容となります。

今回は「カード編」です。

本記事のポイント
  • 収録カード(黒)を一通り確認できる!
  • 弱いカード、強いカードを把握できる!(注:管理人視点)

なお、各カードの評価点数は以下の基準で付けています。

評価点数の基準
  • 5点
    1枚でゲームに勝てるカード

    いわゆるボムレアと呼ばれるカード

  • 4点
    必ず採用したいカード

    カードパワーが強く、積極的にデッキに採用・ピックしたいカード

  • 3点
    平均的なパワーのカード

    枠があれば採用したい平均的なカードパワーのカード

  • 2点
    条件によって採用したいカード

    お互いのデッキや場面によって強い/弱いが大きく変化するカード

  • 1点
    アンプレイアブルなカード

    カードパワーが低すぎてどんな場合でも採用したくないカード

本記事に掲載しているカード情報は、以下の公式カードギャラリーの情報を基にしています。

公式カードギャラリー
更新情報
  • カードタイプ×レアリティ別分布表を更新(2021.04.04)
  • 12枚のカード情報を追加→全カード情報(2021.04.04)
  • 6枚のカード情報を追加(2021.04.03)
  • 2枚のカード情報を追加(2021.04.02)
  • 5枚のカード情報を追加(2021.04.01)
  • カード情報を追加(2021.03.30)

ストリクスヘイヴンの新メカニズム

「ストリクスヘイヴン:魔法学院」には以下4つの新メカニズムが収録されています。

  • 履修
  • 講義
  • 魔技
  • 護法

カードの内容を確認する前に、これら4つの新メカニズムのポイントを把握しておきましょう。既に把握済みの方は読み飛ばしてください。

新メカニズムを理解しておこう!

カードタイプ×レアリティ別分布

カードタイプ×レアリティ別のカード枚数を以下の表に記載します。

レアリティ表記:C(コモン)、U(アンコモン)、R(レア)、M(神話レア)

カード
タイプ
CURM合計
クリーチャー643013
エンチャント00000
アーティファクト00101
インスタント33107
ソーサリー32106
プレインズウォーカー00011
合計1296128

063《尊大な詩人》

評価点数:2.0

レビュー結果
  • 2マナ 2/1クリーチャー
  • 2点のライフを支払うことで飛行を得ることが可能だが多用できない
  • 飛行を付与できるのは攻撃時のみ
  • ライフが減ることでシナジーがあれば評価変わるが、現状は低評価

064《悪意の熟達》

評価点数:4.0

レビュー結果
  • クリーチャー or プレインズウォーカーの追放除去
  • 相手にカードアドバンテージを与えてしまうがコスト軽減も可能

065《汽水トラッジ》

評価点数:3.5

レビュー結果
  • 3マナ 4/2とパワーに偏ったステータス
  • タップ状態で場に出るので出たターンにブロッカーとして機能しない点に注意
  • ライフゲイン時に墓地から回収できるので、絆魂など回復条件を満たせれば何度でも再利用できる
  • サクる対象としても有用

066《無神経な血魔道士》

評価点数:4.0

レビュー結果
  • 3マナ 2/1と弱めのステータス、ETBで以下から1つを選べる能力を持つ
    • 邪魔者トークン(1/1、死亡時に1点ゲイン)
    • 1ドロー、1点ルーズ
    • 対象プレイヤーの墓地追放
  • 場面に応じて最適な効果を選べる柔軟性を持つ万能クリーチャー

067《過去対面法》

評価点数:2.0

レビュー結果
  • プレインズウォーカーのリアニメイト or 除去カード
  • リミテッドではプレインズウォーカーが出る機会が少ないので役立つケースが少ない
  • 講義カードなのでデッキに採用しなくてよい=サイドボードから必要なときに活用できる

068《激しい落胆》

評価点数:3.0

レビュー結果
  • プレイヤー全員が2点のライフを失うので、最後の一押しにも使用可能
  • 自身のライフ管理が重要、ライフゲイン&ドレインシナジーがあると打ちやすい
  • 黒の貴重な2枚ドロースペル

069《本質の注入》

評価点数:3.0

レビュー結果
  • +1/+1カウンターを2個置けるスペル(永続的な強化)
  • 唱えたターンのみ絆魂のオマケ付き
  • +1/+1カウンターシナジーあり
  • ソーサリーという点が難点、コンバットトリックとしては使用できない

070《ひきつり目》

評価点数:2.5

レビュー結果
  • 1マナ 1/1 飛行持ちのクリーチャー
  • 序盤に展開+相手に飛行や到達がいなければ数点のライフを削ることが可能
  • 死亡時に履修が発動するので、中盤以降に相手のアタックやブロック判断を迷わせることができるかも

071《落第》

評価点数:4.0

レビュー結果
  • 2マナのインスタント・クリーチャー除去スペル
  • 手札が減るほどマイナス修正量が多くなる
  • 序盤は手札枚数が多いのでマイナス修正が-2位になりそうだが十分強力
  • 終盤は大型クリーチャーの除去も可能
  • 破壊不能も除去できる点を忘れずに

072《真っ白》

評価点数:3.5

レビュー結果
  • 相手の手札枚数にも依存するが、1:2交換が可能な手札破壊(ハンデス)カード
  • おまけに墓地のカード全てを追放できる

073《検体探し》

評価点数:2.5

レビュー結果
  • 2マナで邪魔者トークンを1体生成するスペル
  • 履修付き

074《悪意の打ちつけ》

評価点数:3.5

レビュー結果
  • 1マナの軽量除去
  • タフネス2までの小型クリーチャーを除去できる

075《ヒルの狂信者》

評価点数:2.5

レビュー結果
  • 2マナ 2/2で自ターンのみ絆魂を持つ
  • ライフゲインシナジーがあるものの相手ターンには機能しない点が残念

076《魔道士狩り》

評価点数:3.5

レビュー結果
  • 置いておくだけで相手のスペルを唱えた際に1点を与えることが可能
  • 本セットでは履修からの講義や魔技のシナジー目的で多数のスペルが使われると想定している(スペルの再利用カードも多い)
  • 相手スペルの誘発で多くのダメージを狙えそう
  • 《魔道士狩り》を場に複数展開することもやってみたい

077《魔道士狩りの猛攻》

評価点数:3.5

レビュー結果
  • 4マナの除去スペル
  • ソーサリーではあるが、クリーチャーまたはプレインズウォーカー1体を確定で除去できる
  • おまけで使用したターンに相手がブロックしたとしてもライフを削ることができる

078《壊死放出法》

評価点数:4.0

レビュー結果
  • 追加コストとして自クリーチャー1体を追放しなければいけない除去カード
  • 対象を破壊ではなく追放可能な点が◎
  • 講義カードなのでメインデッキの枠を気にせず使用できる

079《新米解剖者》

評価点数:3.5

レビュー結果
  • 4マナ 3/3と標準的なステータス
  • サクリ台&単体強化(+1/+1カウンター)のシステムクリーチャーとしての役割を持つ
  • 本セットはトークンを生成しやすいのでサクる対象は十分確保可能な見込み

080《オリークの伝承魔道士》

評価点数:4.0

レビュー結果
  • 4マナ 3/3の標準ステータスを持つクリーチャー
  • ライブラリーからスペルカードを墓地に置くことで自信を強化(+1/+1カウンター)できる
  • 好きなカードを墓地に捨てられるので、墓地参照や回収、リアニメイトで有効利用しよう

081《禁忌の調査》

評価点数:3.5

レビュー結果
  • 追加コスト(自クリーチャーを生贄)を支払った分、コピーできるドローカード
  • ライフルーズがあるのでドローし過ぎに注意
  • インスタントタイミングで唱えられる点が優秀

082《詩人の羽ペン》

評価点数:4.0

レビュー結果
  • 2マナの装備品で履修付き
  • 装備クリーチャーを強化(+1/+1と絆魂)できライフレースに強くできる

083《オニキス教授》

評価点数:5.0

レビュー結果
  • リソース回復や墓地肥やし、条件付きだがクリーチャー除去と万能なPW
  • 魔技による2点ドレインや奥義によるダメージで勝利することも可能
  • 対処されない限り、この1枚でゲームを終わらせられる力を持つ
忠誠度能力
  • +1
    ライブラリートップ3枚から1枚ドロー、2枚墓地肥やし
  • −1
    相手の最大パワーのクリーチャーを除去(サクリファイス)
  • −8
    奥義:(1枚ディスカード or 3点ダメージ) × 6回

084《教授の警告》

評価点数:3.5

レビュー結果
  • 1マナ最軽量のコンバットトリックカード
  • +1/+1カウンターによる強化 or 破壊不能の付与のどちらかを選択できる
  • +1/+1カウンターのシナジーも狙える

085《有望な薄暮魔道士》

評価点数:2.5

レビュー結果
  • 3マナ 2/3で、死亡時に+1/+1カウンターが置かれていれば1ドロー
  • +1/+1カウンター系のカードを多く採用できるのであれば使いたいカード

086《セッジムーアの魔女》

評価点数:4.0

レビュー結果
  • 3マナ 3/2 威迫持ちのクリーチャー
  • 魔技による邪魔者トークン生成システムを構築できる
  • 邪魔者トークンはサクリファイスやライフゲインの誘発、コスト支払いに有効利用しよう
  • 護法(3点ライフ)も付いているので、除去されても相手のライフを詰めることができる

087《湿原のスペクター》

評価点数:3.5

レビュー結果
  • 4マナ 2/3 飛行と素の状態でも十分役に立つ
  • 終盤、盤面が膠着したとしてもマナがある限り、2点ドレインで勝利することも可能
  • マナフラ受けとしても良い

088《終身書唱師》

評価点数:4.0

レビュー結果
  • 5マナ 2/2と激弱なステータス
  • ETB能力で任意のクリーチャーに+1/+1カウンターを置ける(自分に置いても3/3)
  • 2つ目の能力が強力で、+1カウンターが置かれているクリーチャーが攻撃するたび、1点ドレインできる
  • このカード1枚のみでも誘発可能◎
  • +1カウンターとのシナジー大、ライフレースを壊せる

089《陰影のフェイント》

評価点数:3.0

レビュー結果
  • 指定はできないが相手のクリーチャーまたはプレインズウォーカーを1体除去できるカード
  • リミテにおいてはプレインズウォーカーが複数出ることは稀(1体出てくること自体、頻度が低い)なので、プレインズウォーカーに対しては確定除去に近い
  • 墨獣トークンは2/1 飛行と回避能力持ちなので、隙を見て相手のライフを詰めるのに役立つ

090《不本意な材料》

評価点数:3.0

レビュー結果
  • 1マナ 1/1 威迫持ちなので序盤からダメージを稼げるクリーチャー
  • 単体強化して威迫で殴るのもアリ
  • 墓地から再利用(1ドロー、1点ルーズ)できる1枚で2枚分の働きが可能

まとめ

「ストリクスヘイヴン:魔法学院」のカードレビュー”黒カード編”の内容を紹介しました。

他のカードレビュー記事もありますので、よろしければ読んでみてください。

本記事の内容が少しでも皆さんのお役に立てたのであれば幸いです。

管理人
管理人

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

本記事への感想・意見や管理人のTwitterアカウントのフォローをお待ちしています。

リミテッド環境分析記事はこちら
Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました