PR

「指輪物語:中つ国の伝承」のホリデーリリースとは?製品情報まとめ

製品情報
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

本記事では、2023年11月3日に発売される「指輪物語:中つ国の伝承」ホリデーリリースの製品情報をまとめています。どんな製品が発売されるのか把握したい方におすすめの記事です。

引用
https://wpn.wizards.com/ja/products/the-lord-of-the-rings-tales-of-middle-earth-holiday-release

製品の種類は大きく3種類

「指輪物語:中つ国の伝承」ホリデーリリースでは以下3種類の製品が発売予定です。

  • ジャンプスタート Vol.2 ブースターパック/ボックス
  • スペシャルエディション コレクター・ブースターパック/ボックス
  • シーンボックス(4種類)POINT

ジャンプスタート Vol.2 ブースターパック/ボックス

パックボックス
ジャンプスタート Vol.2

ジャンプスタートは「購入後すぐに対戦できる」をコンセプトとした製品で、すべてのパックにマジックのカード20枚が封入されています(プレイに必要な土地を含む)。2パック用意すればすぐに遊べてデッキを構築する必要・時間も無いため、これからマジックを始めようという方にもおすすめの製品です。

本セットでは、Vol.2として中つ国を探検できるテーマがさらに5つ登場(各色1つずつ?)することなので楽しみにしておきましょう。

封入内容のポイントは以下のとおり。

・すべてのパックにレアのカード2枚
 ・ジャンプスタート・ブースター用にデザインされたレア1枚
 ・メインセット収録のレアや神話レア1枚
・Foil仕様の土地カード2枚

スペシャルエディション コレクター・ブースターパック/ボックス

パックボックス
コレクター・ブースター

コレクター・ブースターパックは、公式情報によるとまだ秘密とのことで詳細は公開されていませんが、現状公開されている情報によると「新たなFoil仕様が登場する」「指輪物語ファン待望のアートが描かれた特別なボーダーレス版カードが登場する」とのことです。詳細については続報を待ちましょう。

封入内容のポイントは以下のとおり。

・封入の内訳は下記
 ・レア以上のカード5枚
 ・アンコモン5枚
 ・コモン4枚
 ・土地1枚
・新しいフォイル仕様のカードが5~6枚封入予定

シーンボックス(4種類)

シーンボックス

シーンボックスは、「指輪物語」の名場面を再現できるシーンやアートカードなどが入っている特別な製品で、シーンカードはゲームで使えるマジックのカード(※)で、アートカードはそれらのアートだけが描かれたものとなっています。さらに同梱のイーゼルですぐにディスプレイすることも可能という親切設計です!

※指輪物語:中つ国の伝承に収録されていたボーダーレス・シーンカード同等のものと判断

Naokuro
Naokuro

イーゼルとは「何かを載せて固定し、また飾るのに用いられる支持体である。特に画家がキャンバスなどを固定するのに用いる。」

ウィキペディア

シーンボックスは以下4種類のラインナップがあり、シーンおよびアートカードの内容がそれぞれ異なっています。

  • 魔王の飛翔を見よ/Flight of the Witch-king
  • ヘルム峡谷でのアラゴルンの勇姿を見よ/Aragorn at Helm’s Deep
  • ガラドリエルの力を見よ/The Might of Galadriel
  • ペレンノール野でのガンダルフの勇姿を見よ/Gandalf in Pelennor Fields

封入内容のポイントは以下のとおり。

・シーン・カード6枚
・アート・カード6枚
・「指輪物語:中つ国の伝承」セット・ブースター3パック
・ディスプレイ用イーゼル入り

Naokuro
Naokuro

シーンやアートカードの内容は固定だと思います。
セット・ブースターで開封も楽しめる構成となっているようです。

収録カードの種類

今のところ公開されている情報としては下記画像のみとなります。

こちらは、《冥王、サウロン》の特別なボーダーレス仕様版のカードです。

  • ポスターのような特別イラスト
  • マナコストが四方に描かれている
  • ”LTR”での収録

おわりに

「指輪物語:中つ国の伝承」ホリデーリリースの製品情報を紹介しました。

  • ジャンプスタート Vol.2 ブースターパック/ボックス
  • スペシャルエディション コレクター・ブースターパック/ボックス
  • シーンボックス(4種類)

本記事の執筆時点(2023/8/9)で公開されている情報は以上となります。

続報があり次第、本記事の内容を更新していきます。

それでは、また。

製品情報
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント入力欄