MTG初心者向け全フォーマット解説

マジックザギャザリング
スポンサーリンク

こんにちはNaokuroです。

いきなりですが、みなさんはMTGをどのフォーマットでプレイされていますか?

「スタンダード」「モダン」「レガシー」などと回答される方が多いかと思います。

MTG(マジックザギャザリング)には、たくさんの対戦フォーマットが用意されていますよね。

なんと公式で紹介されている対戦フォーマットは、全部で13種類もあります。
(調べる限り、他にもたくさんのフォーマット・遊び方があります)

MTGには多くの遊び方が用意されており、プレイヤーを飽きさせない配慮が感じられますよね。こういった点も大好きです。

構築(9種類)

「構築」は、使用できるカードセットの中から自分で好きなカードを選択し、デッキを構築します。

  • スタンダード
  • パイオニア
  • モダン
  • レガシー
  • ヴィンテージ
  • 統率者戦
  • ブロール
  • パウパー

リミテッド(4種類)

「リミテッド」は、開封したパックから出てきたカードおよび、任意の基本土地を使用してデッキを構築します。

  • ブースタードラフト
  • チームドラフト
  • シールドデッキ
  • チームシールド

ちなみに私はリミテッドが一番好きです。

理由としては、通常活躍できないカードたちが活躍できる場所(フォーマット)だからです。

双頭巨人戦

こちらは「構築」に分類されていますが、構築の各フォーマットやリミテッドのドラフト、シールドの何れかと組み合わされます。

MTG初心者など、これらの情報を知らない方が見たときの感想としては

「フォーマットが多すぎて、違いが分からないなぁ」

「どのフォーマットから始めたら良いのかなぁ」

「初心者におすすめなフォーマットはどれだろう」

・・・というような声が聞こえてくる気がします。

私もそうでしたが、MTGを始めたばかりの初心者としては、こういった情報を知りたいところですよね。

そこで、今回はMTG初心者向けに全てのフォーマットの解説、およびおすすめのフォーマットを紹介します。

もし、誤った情報などがありましたら、ご連絡ください。

本記事の内容は以下の公式ページの情報を一部参考にしています。

https://mtg-jp.com/gameplay/format/

https://mtg-jp.com/gameplay/rules/

マジックザギャザリング公式ページ(フォーマット紹介およびルール文書)

それでは、目次からどうぞ。

気になるところから読んでもらって構いません。

禁止カード

各フォーマットの紹介の前にこちらの話から始めます。

最近のDCG(デジタルカードゲーム)では、カード自体がデータ化されていますよね。

カードゲームは、特定のカードが強すぎる場合など、ゲーム/カードバランスが調整されることが多々あります。

このとき、DCGはデータなので、カード自体の仕様(能力など)が変更され、弱体化されることが多いです。

(ナーフと呼称されていたりもします)

一方MTGは、MTGAやMOによるデジタル化も進んでいますが、やはりメインとしては昔ながらの紙のカードを使用しますよね。

紙のカードの仕様を変更する場合、印刷のやり直しや配布含め、時間とお金が掛かります。

ではMTGにおいて、ゲーム/カードバランスを調整するにはどうするのか?と疑問に思われるMTG初心者の方もいるかと思います。

・・・その方法は

使用禁止です。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

暴れまわったカードは、すぐに有罪・実刑判決されて、禁固の刑です。

・・・実に残酷な処置でして、持っているカードが突然使えなくなります。

高いカードの場合も多く、多くのプレイヤーが涙を流すでしょう。

カード価値(市場価格)も急降下します。

ただし、年月が過ぎてからカードプールが変化し、禁止解除される可能性もあります。

さながら、「お勤めご苦労さまです、親分」状態です。

その場合は、逆にカード価値が急騰します。それはもうウナギ登りですよ。

そんな禁止カードは、フォーマット毎に規定されています。

具体的な禁止カードは随時更新されるため、公式ページのリンクを貼っておきますね。

禁止/制限リスト
世界中で2千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ世界最高の戦略トレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリングの日本公式ウェブサイト。

それでは、各フォーマットの説明に移りましょう。

スタンダード

使用できるカードセット

スタンダードで使用できるカードは、毎年「ローテーション」という入れ替わりが発生します。

ローテーション

「ローテーション」とは、使えるカードセットが定期的に入れ替わることです。

※現在は、スタンダードフォーマットのみで適用

ローテーションのタイミングで、古い4セットがスタンダードから落ちてスタン落ちとも呼ばれる)、使用できなくなります。

執筆時点のローテーションタイミングは、毎年10月の新セット発売時です。

現スタンダードで使用できるカードセットは、以下の公式ページを参照して下さい。

スタンダード
世界中で2千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ世界最高の戦略トレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリングの日本公式ウェブサイト。

構築ルール

スタンダードでは以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数60枚以上(上限なし)
  • サイドボードは15枚以下
  • デッキとサイドボードを合わせて、同名カードは4枚まで採用可
    (同じキャラクターでも異なるカード名は別扱い)
  • 基本土地の採用枚数は無制限
  • 禁止カードは使用不可
ヨーリオン
ヨーリオン

我が相棒となるデッキは、デッキ枚数を80枚以上とするのだぞ。
(構築:80枚以上、リミテッド:60枚以上)

パイオニア

使用できるカードセット

パイオニアでは以下のカードセットが使用できます。

  • 「ラヴニカの回帰」以降の通常カードセット
  • ローテーションなし

構築ルール

パイオニアでは以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数60枚以上(上限なし)
  • サイドボードは15枚以下
  • デッキとサイドボードを合わせて、同名カードは4枚まで採用可
    (同じキャラクターでも異なるカード名は別扱い)
  • 基本土地の採用枚数は無制限
  • 禁止カードは使用不可

モダン

使用できるカードセット

モダンでは以下のカードセットが使用できます。

  • 第8版以降の基本セット
  • ミラディン以降の通常セット
  • モダンホライゾン
  • ローテーションなし

構築ルール

モダンでは以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数60枚以上(上限なし)
  • サイドボードは15枚以下
  • デッキとサイドボードを合わせて、同名カードは4枚まで採用可
    (同じキャラクターでも異なるカード名は別扱い)
  • 基本土地の採用枚数は無制限
  • 禁止カードは使用不可

レガシー

使用できるカードセット

レガシーでは以下のカードセットが使用できます。

  • 今までに発売された全てのカードセット
  • ローテーションなし

構築ルール

レガシーでは以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数60枚以上(上限なし)
  • サイドボードは15枚以下
  • デッキとサイドボードを合わせて、同名カードは4枚まで採用可
    (同じキャラクターでも異なるカード名は別扱い)
  • 基本土地の採用枚数は無制限
  • 禁止カードは使用不可

ヴィンテージ

使用できるカードセット

ヴィンテージでは以下のカードセットが使用できます。

レガシーとの大きな違いは構築ルールにあり、レガシーでは禁止されていた強力カードが、ヴィンテージでは制限カードとして1枚まで採用できるものがあります。

  • 今までに発売された全てのカードセット
  • ローテーションなし

構築ルール

ヴィンテージでは以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数60枚以上(上限なし)
  • サイドボードは15枚以下
  • デッキとサイドボードを合わせて、同名カードは4枚まで採用可
    (同じキャラクターでも異なるカード名は別扱い)
  • 基本土地の採用枚数は無制限
  • 禁止カードは使用不可
  • 制限カードは、デッキとサイドボードを合わせて1枚まで採用可

統率者戦(EDH)

統率者戦は、伝説のクリーチャーを1枚「統率者」として選び、選んだ統率者の固有色のカードでデッキを構築する多人数戦フォーマットです。

4人同時対戦が一般的ですね。

使用できるカードセット

統率者戦では以下のカードセットが使用できます。

  • 今までに発売された全てのカードセット

構築ルール

統率者戦では以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数は100枚(統率者1枚、その他99枚)
  • 各カードは1枚ずつのみ採用可
  • 基本土地の採用枚数は無制限
  • 統率者の固有色のカードのみ採用可
  • 禁止カードは使用不可

ブロール

ブロールは、スタンダードと統率者戦のハイブリッドフォーマットです。

使用できるカードセット

ブロールではスタンダードと同じカードセットが使用できます。

構築ルール

ブロールは以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数は60枚(統率者1枚、その他59枚)
  • 各カードは1枚ずつのみ採用可
  • 基本土地の採用枚数は無制限
  • 統率者の固有色のカードのみ採用可
  • 禁止カードは使用不可

パウパー

パウパーは、今までにレアリティ「コモン」で収録されたことがあるカードのみで対戦するフォーマットです。

使用できるカードセット

パウパーでは以下のカードが使用できます。

  • 今までにレアリティ「コモン」として1度でも収録されたことがあるカード

構築ルール

  • デッキ枚数60枚以上(上限なし)
  • サイドボードは15枚以下
  • デッキとサイドボードを合わせて、同名カードは4枚まで採用可
    (同じキャラクターでも異なるカード名は別扱い)
  • 基本土地の採用枚数は無制限
  • 禁止カードは使用不可

ブースタードラフト

ブースタードラフトは参加者全員でパックを開封し、順番に選んだカードを使用してデッキを組み、対戦するフォーマットです。

ドラフトのルール

競技イベントは8人ですが、カジュアルイベントでは8人以外でも可能です。

  1. 各プレイヤーが1パック目を開封し、好きなカードを1枚選びます。
  2. 残ったカードを左隣のプレイヤーに渡します。
  3. 各プレイヤーは受け取ったカードの中から、好きなカードを1枚選びます。
  4. これをパックのカードが無くなるまで繰り返します。
  5. 2パック目、3パック目も同様にカードを選びますが、渡す方向が変わります。
    • 1パック目:左隣(時計回り)
    • 2パック目:右隣(反時計回り)
    • 3パック目:左隣(時計回り)
  6. 全てのカードを選んだ後、手に入れたカードでデッキを組んで対戦します。

使用できるカードセット

指定されたカードセットのパックを3個使用します。

構築ルール

ブースタードラフトでは以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数40枚以上(上限なし)
  • サイドボードはデッキに使用しなかった全てのカード
  • 同名のカードを何枚でも使用できる
  • 基本土地の採用枚数は無制限(パック関係なし)
  • 禁止カードなし

チームドラフト

チームドラフトは、3対3のチーム戦によるドラフトフォーマットです。

対戦自体は1対1となります。

通常のドラフトとの違い
  • 2チームそれぞれのメンバーが交互に座りドラフトする。
  • ドラフト後、チームで相談して3人分のデッキを構築する。
  • 3人のうち、先に2人勝ったチームを勝利チームとする。

使用できるカードセット

指定されたカードセットのパックを3個使用します。

1チームあたり、3人✕3パック=9パックとなります。

構築ルール

チームドラフトでは以下の構築ルールが適用されます。(ブースタードラフトと同じ)

  • デッキ枚数40枚以上(上限なし)
  • サイドボードはデッキに使用しなかった全てのカード
  • 同名のカードを何枚でも使用できる
  • 基本土地の採用枚数は無制限(パック関係なし)
  • 禁止カードなし

シールドデッキ

シールドデッキは6パックを開封し、入っているカードでデッキを組み、対戦するフォーマットです。

新セットのプレリリースイベントは、シールドデッキフォーマットです。

使用できるカードセット

指定されたカードセットのパックを6個使用します。

構築ルール

シールドデッキでは以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数40枚以上(上限なし)
  • サイドボードはデッキに使用しなかった全てのカード
  • 同名のカードを何枚でも使用できる
  • 基本土地の採用枚数は無制限(パック関係なし)
  • 禁止カードなし

チームシールド

チームシールドは、3対3のチーム戦によるシールドフォーマットです。

12個のパックを使用して3人分のデッキを組み、チームで戦います。

対戦自体は1対1となります。

使用できるカードセット

指定されたカードセットのパックを12個使用します。

構築ルール

チームシールドでは以下の構築ルールが適用されます。(シールドデッキと同じ)

  • デッキ枚数40枚以上(上限なし)
  • サイドボードはデッキに使用しなかった全てのカード
  • 同名のカードを何枚でも使用できる
  • 基本土地の採用枚数は無制限(パック関係なし)
  • 禁止カードなし

双頭巨人戦

双頭巨人戦は、二人一組のチームで戦う多人数戦フォーマットです。

他のフォーマットと組み合わせて実施します。

例:スタンダード(構築)の双頭巨人戦など

対戦時の特殊ルール

  • ライフは30で始まり二人で共有します。
  • 各チーム二人同時にターン(各フェイズ)を進めます。
  • 手札やマナのリソースは別々の管理です。
    (二人でマナを合わせて・・・といったことは不可です)

使用できるカードセット

組み合わせるフォーマットのカードセットが使用できます。

構築ルール

組み合わせるフォーマットの構築ルールが適用されます。

ただし、構築フォーマットにおける採用枚数制限(4枚)に関しては、個人ではなくチームに適用されます。

初心者におすすめのフォーマット

数多くあるフォーマットの内、初心者におすすめのフォーマットを考えてみましょう。

デッキ構築コストの壁

構築フォーマットは、デッキに採用する全てのカードを用意する必要があります。

(前提としてプロキシが使えないこととします)

このとき、古いカードセットほど強力で高額なカードが多いため、古いカードセットが使えるフォーマットになればなるほど、お金が掛かる傾向です。

デッキ構築コストの低い順(筆者所感)
  1. スタンダード、ブロール、パウパー
  2. パイオニア
  3. モダン
  4. レガシー、統率者
  5. ヴィンテージ

現在の環境で強いとされているTier1デッキの価格基準で判断しました。

参考情報

晴れる屋さんの「デッキ一括購入」にて、各フォーマットのTier1デッキのカードを全て購入した際の価格を算出してみました。

スタンダード

パイオニア
モダン
レガシー

突然、桁が変わりますね ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

カードプール情報の壁

前述のデッキ構築コストと同傾向ではありますが、スタンダード、パイオニア、モダン・・・と使用できるカードセットが広く・古くなるにつれ、把握しておくべきカードプールの情報も肥大化していきます。

長年MTGをプレイしてきたベテラン勢ならともかく、最近始めたばかりのプレイヤーにとっては壁が高すぎますよね。

シールドデッキ(プレリ)とスタンダードがおすすめ

初心者におすすめするフォーマットは、以下のポイントを満たすものと考えます。

  • 比較的デッキ構築コストが安い
  • 使用できるカードプールが狭い(カードの情報量が少ない)

結果としては、

スタンダード

シールドデッキ > ブースタードラフト

をおすすめします。

パウパーや、パイオニアでもスタンダードより安く組める場合もありますが、カードプールが広くなるため、スタンダードをおすすめします。

リミテッドはカードを準備せずに、参加費だけを持っていけばイベントに参加できますし、カード資産を増やすことも可能です。さらに基本的には1つのカードセットのみで実施されるため、カードの情報量が最小になります。

私自身はMTG復帰後、カードプールの情報が約20年分何もありませんでしたので、以下の流れで進めていました。

  • プレリリースイベントに参加する
    • 新セットの情報把握
    • 新セットのカード収集(カード資産の増加)
  • 追加でブースターパックやボックスを購入 or/and シングルカードの購入
  • スタンダードイベントに参加する
  • これらを繰り返す

プレリリースについては、以下の記事でも紹介しています。

補足

スタンダードやブロール以外はローテーションがありません。

よって、一度構築したデッキを長年愛用(プレイ)できるメリットもあります。

スタンダードの場合は、どんなにお気に入りでもローテーション時にデッキのパーツが欠けてしまうことが多いです。

まとめ

各フォーマットの情報を紹介しました。

どうでしたか。フォーマットの理解に少しでも役立てたのなら嬉しい限りです。

私自身も未体験のフォーマットもありますので、今後機会を作ってプレイしてみたいと考えています。

みなさんも、まだ未経験のフォーマットに挑戦し、新しい発見・面白さを見つけてみてはいかがでしょうか。

本記事は以上となります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント欄やTwitterで、ご意見・ご感想などお待ちしております。

それでは、よいマジックザギャザリングライフを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました