【MTG】チャンドラのスペルブックの開封結果「Signature Spellbook: Chandra」

開封
スポンサーリンク

こんにちは。Naokuroです。

はぁ〜〜〜、パック開封したいなぁ。毎日、1パックでいいから剥きたいなぁ。

MTG(マジックザギャザリング)大好きな皆さんならこの気持を分かってくれるはず。

投資目的で購入した「灯争大戦」のBOXが気になるなぁ・・・。

私のFoil版が入っているかもしれないですよ。

開封しないと、分かりませんよ。

いやいや、ダメダメ。大事に寝かせるって決めたばかりです。

気を抜くと開封しそうなため、視界に入らないようにフタ付きの収納に入れてやりました。・・・これで一安心?いやいや、私はパックを開封したいのです。

というわけで、私の開封欲を満たすために別なパックを剥くことにしましょう。

今回の商品はコチラ。

『Signature Spellbook: Chandra』

基本セット2021のプレリリースのときに購入してきたもので、こういうときのために開封せずに温めておきました。

さて、私の開封結果はどうだったのでしょうか・・・。

見事1/8の確率に打ち勝ち、チャンドラ様のFoilをGETできたのでしょうか!?

商品の紹介

「Signature Spellbook: Chandra」は、プレインズウォーカー「チャンドラ」をテーマにしたカード8枚とFoil仕様のカード1枚が封入されていて、希望小売価格が 2,200円(税抜)となっています。

封入されている8枚のカードは以下の内容となります。

封入カード(確定8枚)
  1. 《反逆の先導者、チャンドラ》
  2. 《安堵の再会》
  3. 《焦熱の合流点》
  4. 《炎の中の過去》
  5. 《紅蓮破》
  6. 《紅蓮術士の昇天》
  7. 《炎の儀式》
  8. 《若き紅蓮術士》

※封入カードは全て英語版です。

※Foil仕様のカードは、8枚のカードのいずれか1枚が封入されています。

また、参考情報として8枚の確定カードの価格を紹介します。

複数のカードセットで再録されているものもありますが、以下記載のセットにおける価格表となります。

「Signature Spellbook: Chandra」自体、とてもお得な商品ということが分かりますね。こちらにFoil仕様のカードが1枚付いてきます。

Noカード名価格(英)セット略号
1反逆の先導者、チャンドラ¥1,400KLD
2安堵の再会¥100KLD
3焦熱の合流点¥1,000C15
4炎の中の過去¥600ISD
5紅蓮破¥4005ED
6紅蓮術士の昇天¥180ZEN
7炎の儀式¥180CSP
8若き紅蓮術士¥200EMA
合計¥4,060

価格は、2020年7月1日時点の晴れる屋さん価格です。

開封動画

動画版も作成しましたので、こちらもぜひ。

開封結果

さて、それでは開封した結果を紹介していきます。

まずは外箱を見ていきましょう。

高級感が満載ですよね。

ただし、カード9枚のみのためとても軽いです。

外箱をスライドすると、「Signature Spellbook: Chandra」専用デザインのパックが鎮座しています。

ちなみに後ろ側にシールが貼られており、強く引っ張らないと取り出せません。

パックの裏には「THE BIGGER THEY ARE, THE HOTTER THEY BURN.」という一文が記載されています。「大きいほど燃えるぜ」的なチャンドラ様の言葉です。

それではパックの中に入っていたカードを順番に見ていきましょう。

なお、パックの表1枚目がFoil仕様カードのため、裏側から順番に見ていくとNo001〜Foil仕様の順番に確認していくことができます。

No001 反逆の先導者、チャンドラ

No002 安堵の再会

No003 焦熱の合流点

No004 炎の中の過去

No005 紅蓮破

No006 紅蓮術士の昇天

No007 炎の儀式

No008 若き紅蓮術士

No??? Foil仕様カード

さぁ、お待ちかねのFoil仕様カード!!

1/8の確率で《反逆の先導者、チャンドラ》が入っているぞ〜

えいっ

(;´д`)トホホ…

まぁそういうもんですよね。。

まとめ

今回は「Signature Spellbook: Chandra」の開封結果を紹介しました。

確定で入っている8枚のカードを並べてみましょう。

うーん、良いですねぇ(*’ω’*)

私は予約せずに近くのショップで普通に購入できましたが、通販サイトで見てみる限り品薄のようです。

みなさんも《反逆の先導者、チャンドラ》のFoilカードを狙ってみませんか?

それでは、よいマジックザギャザリングライフを楽しみましょう。

開封
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました