PR

「カルロフ邸殺人事件」のThe List(ザ・リスト)カード一覧!最新の当たりカードはコレだ

製品情報
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

MTG(マジックザギャザリング)の新セット「カルロフ邸殺人事件」が2024年2月9日に発売される。再訪したラヴニカの次元にて巻き起こる連続殺人事件!・・・果たして誰が真犯人なのか、真相を解明するべくプロフトやケイヤが各地で奮闘する物語を製品と一緒に楽しんでほしい。

「カルロフ邸殺人事件」から今までの「ドラフト・ブースター」「セット・ブースター」が廃止され、「プレイ・ブースター」に刷新される。プレイ・ブースターのパックには、今までのセット・ブースターと同様に『The List(ザ・リスト)』と呼ばれるカードが一定の確率で封入されている。

第7枠を参照

The List(ザ・リスト)とは、過去に収録されたものから厳選されたカードたち(レアリティは様々)のことで、 プレイ・ブースターパックの「第7枠」から12.5%の確率(大体8パックに1枚)で入手することができる。

本記事では、「カルロフ邸殺人事件」のThe Listに収録されているカードおよび相場価格の情報を一覧でまとめている。ぜひプレイ・ブースターパックを開封しながら参照して欲しい。

本記事を読むと分かること(The List)
  • The Listの変化点
  • スペシャルゲストの収録カード
  • The Listの収録カードと参考相場価格(当たりカード)

相場価格は、「Wisdom Guild」のトリム平均価格(2024.1.21時点)を参照している。なお、この記事で紹介した価格 ≠ The Listのカード価格の相場なので注意してほしい。The Listのカードは、一般的に通常の相場より少し安くなる傾向あり。


当ブログの管理人が運営しているカードショップ(naokuroshop)もよろしくお願いします!

MTGの激安カードショップ(naokuroshop)です!

『naokuroshop 公式アンバサダー』
各チャンネルにてクーポン配布あり
(画像をクリックして各チャンネルへ)

みらいチャンネル

お金大好き系Youtuber「みらい」さんが、M:tGのお金(シングル価格相場やBOX期待値)に関する話題や時事ネタをカワイイキャラクターと一緒に紹介してくれるチャンネルです。

らひにきチャンネル

俺と一緒に遊ぼうぜ!をモットーに「らひにき」さんが直近の注目カードを紹介してくれるチャンネルです。
「らひにき」さん独自の分析と共に今後注目される可能性が高いカードを知ることができます。


The Listの変化点

プレイ・ブースターに刷新されたことに伴って、The Listにも以下の変更が加えられた。

  • 封入率が約25%(4パックに1枚程度)から12.5%に変更された
  • カードの言語が英語版のみだったが、英語版と日本語版の2種類となった
  • 収録されるカードの種類が約300から40に激減
  • (紙の製品には関係ないが)MTGアリーナでもThe Listカードが出現する
    ※本記事では詳細を割愛

封入率が低くなったことに関しては、プレイ・ブースターがリミテッドでも使用されるためと推測する。リミテッドにおいて The List(過去セットの収録)のカードが頻繁に出てくるとバランスが崩れる恐れがある。

カードの言語は、日本語版プレイ・ブースターからは日本語版のカードが出現し、それ以外のプレイ・ブースターからは英語版のカードが出現する。何故か日本語のみ特別扱いされており、理由については謎に包まれている。

「スペシャルゲスト」の収録カード

「イクサラン:失われし洞窟」のThe Listから「スペシャルゲスト」カードが登場した。詳しくは以下の記事を参照して欲しい。

「カルロフ邸殺人事件」に収録されている「スペシャルゲスト」全10種類のカードは以下のとおり。

「カルロフ邸殺人事件」のスペシャルゲスト全10種類

The Listの収録カードおよび参考相場価格

「カルロフ邸殺人事件」のThe Listの全カードを相場価格順に一覧で紹介する。

Noカード名セット略称相場価格
(参考)
1《イーオスのレインジャー長》MH13,987
2《茨の騎兵》M201,222
3《世界棘のワーム》RTR996
4《集団恐慌》MRD903
5《独演の代償》STX578
6《死の雲》DST547
7《カルドーサの再誕》SOM414
8《神秘を操る者、ジェイス》WAR391
9《徙家 // 忘妻》HOU304
10《溶鉄の精神》SOM284
11《呪文嵌め》DIS271
12《幽霊街》DIS195
13《現実を彫る者イクシドール》ONS191
14《レオニンの遺物囲い》MBS172
15《悪意の熟達》STX123
16《霧覆いの平地》UMA119
17《ゴブリンの戦長》DAR83
18《骨までの齧りつき》ISD77
19《厳戒態勢》RNA73
20《厳格な者、コンラッド卿》ELD66
21《徴兵されたワーム》ARB54
22《石臼》M1452
23《流城の隊長》DKA48
24《影の家、ダスクマントル》RAV45
25《弱者の師》2X244
26《罪の重責》DKA41
27《溶口》UMA40
28《ニクスの織り手》JOU38
29《堅固な証拠》MH236
30《連合の蛹》MH234
31《クローサの大牙獣》ONS31
32《危険な地形》C1630
33《腐肉戦士》APC27
34《実地歴史家、クイントリウス》STX27
35《ミステリー・キー》CLB27
36《眠りにつく時》VOW26
37《血潮隊の司教》XLN25
38《異端の飛行機械職人》DDU24
39《ガラスの破片》SOI24
40《金属紡績工の組細工》KLD23
The Listの全カード一覧

まとめ

「カルロフ邸殺人事件」のプレイ・ブースターに封入される「The List(ザ・リスト)」の変化点や収録カードおよび相場価格などを紹介した。

プレイ・ブースターの登場によって新しくなった「The List」、実際の開封やリミテッド体験を通してユーザーが感じた内容や評価が非常に楽しみである。

管理人
管理人

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

本記事へのコメント(ページ最下部)やTwitterアカウントのフォローをお待ちしています。

製品情報
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント入力欄