MTGの注目カード「スカイクレイブの亡霊」

注目カード
スポンサーリンク

こんにちは。Naokuroです。

今回は、ゼンディカーの夜明けで登場した《スカイクレイブの亡霊》を紹介します。

カードの紹介

《スカイクレイブの亡霊》は、ゼンディカーの夜明けに収録されている白のレアカードです。

盤面に2/2のクリーチャーを出しつつ、相手のマナコストが4以下のパーマネントを追放できるスゴイやつ。ただし、デメリットがあり、《スカイクレイブの亡霊》が戦場を離れる際、相手に追放したカードのマナコスト分のX/Xトークンを1体プレゼントします。

一見、使いづらそうにも見えますが、相手のパーマネント(土地やトークン以外)を指定できるところがポイント。このカード1枚で、厄介なクリーチャーに始まり、エンチャントやアーティファクト、プレインズウォーカーまで、あらゆるものを追放可能!!デメリットのX/Xトークンは、最大4/4になるものの何も能力を持っていないため、驚異とならないケースが多いでしょう。ちなみに、《スカイクレイブの亡霊》のETB能力の誘発後、スタック上で《スカイクレイブの亡霊》をバウンスできると、デメリット0で相手のパーマネントを追放できる小テクニックもあります。

《スカイクレイブの亡霊》は、スタンダードよりもモダンなどの下環境でこそ強さが輝きます。下環境では0マナや1マナの強力なカードが多く、ほぼデメリットなしで使用可能です。

スタンダード、モダンで特に採用率が急上昇しており、採用したデッキ自体も結果の残しているため、今後も引き続き人気が高まっていくでしょう。

カード価格の推移

本記事の執筆時点の価格推移を見てみましょう。

ゼンディカーの夜明け発売時点は400〜500円で推移していましたが、スタンダードやモダンでの注目度が一気に上がり右肩上がりで急成長しています。現在ではトリム平均が1500円程まで上がっています。

カードプレビュー時点で私も注目し、ある程度数を確保しようと画策していたのですが、1週間ほどゆっくりしている間に買うタイミングを逃してしまいました。(自分が使う分の4枚は確保済み)

まとめ

今回は、《スカイクレイブの亡霊》を紹介しました。

今の需要を考えると、2000円程度には上がっていくのではないかと判断しています。まだ持っていない方は、今のうちに揃えておいたほうが良いかもしれません。

私も安いお店が無いか調査中・・・

注目カード
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました