「団結のドミナリア」以降のプレリリースでマジック30周年記念プロモカードが配布される!年代順に全30種類のカードが登場

MTG News
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

MTG(マジック:ザ・ギャザリング)は、1993年の発売から今年で30周年となります。これを記念してMTG公式から「マジック30周年記念プロモカード」の配布に関する情報が公開されました!

MTG30周年記念ロゴ
30周年記念ロゴ

本記事ではプロモカードの入手方法や種類について紹介しているので、以下の方におすすめです。

  • 30周年記念プロモのカードを知りたい
  • 30周年記念プロモの入手方法を知りたい
  1. プロモカードは今後のプレリリースにて配布予定
  2. プロモカードは全30種類(発売年毎に1種類)
    1. 1993年《セラの天使/Serra Angel》
    2. 1994年《ボール・ライトニング/Ball Lightning》
    3. 1995年《フィンドホーンのエルフ/Fyndhorn Elves》
    4. 1996年《根の壁/Wall of Roots》
    5. 1997年《ウッド・エルフ/Wood Elves》
    6. 1998年《意外な授かり物/Windfall》
    7. 1999年《忠臣/Loyal Retainers》
    8. 2000年《コーの安息所/Kor Haven》
    9. 2001年《名誉回復/Vindicate》
    10. 2002年《賛美されし天使/Exalted Angel》
    11. 2003年《邪神の寺院/Temple of the False God》
    12. 2004年《永遠の証人/Eternal Witness》
    13. 2005年《召喚の調べ/Chord of Calling》
    14. 2006年《火想者ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, the Firemind》
    15. 2007年《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
    16. 2008年《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》
    17. 2009年《酸のスライム/Acidic Slime》
    18. 2010年《テラストドン/Terastodon》
    19. 2011年《女王スズメバチ/Hornet Queen》
    20. 2012年《魂の収穫者/Harvester of Souls》
    21. 2013年《カロニアのハイドラ/Kalonian Hydra》
    22. 2014年《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
    23. 2015年《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
    24. 2016年《劇的な逆転/Dramatic Reversal》
    25. 2017年《祖先の道/Path of Ancestry》
    26. 2018年《獣に囁く者/Beast Whisperer》
    27. 2019年《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》
    28. 2020年《薄暮薔薇の棘、ヴィト/Vito, Thorn of the Dusk Rose》
    29. 2021年《命取りの論争/Deadly Dispute》
    30. 2022年《クルーグ公、ウルザ/Urza, Prince of Kroog》
  3. おわりに

プロモカードは今後のプレリリースにて配布予定

「マジック30周年記念プロモカード」は、その名のとおりマジック:ザ・ギャザリングの30周年を記念したプロモカードです。本プロモカードは全30種類(マジックの発売年代ごとに1枚ずつ)用意され、「団結のドミナリア」以降のプレリリース(2024年初頭までの全8回)で配布されます。

30周年記念プロモカードは、30枚中7枚が英語以外の言語で印刷され、世界中のマジック・ファンを称えるものになるとのこと。「団結のドミナリア」以降、対応言語が8つ(英語、日本語、簡体字中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語)に変更となるので、英語以外の各言語のプロモカードも1枚ずつですが登場します。

  • 30周年記念プロモカードは全30種類
  • 7/30枚は英語以外の言語での収録
  • 「団結のドミナリア」以降のプレリリースで入手可能

プロモカードは全30種類(発売年毎に1種類)

次に全30種類のプロモカードを年代順に紹介します。なお、各プロモを入手できるプレリリースのセット名もあわせて記載しています。

年代カード名画像プレリリース
1993セラの天使/Serra Angel団結のドミナリア
1994ボール・ライトニング/Ball Lightning団結のドミナリア
1995フィンドホーンのエルフ/Fyndhorn Elves団結のドミナリア
1996根の壁/Wall of Roots兄弟戦争
1997ウッド・エルフ/Wood Elves兄弟戦争
1998意外な授かり物/Windfall兄弟戦争
1999忠臣/Loyal Retainers兄弟戦争
2000コーの安息所/Kor Havenファイレクシア:完全なる統一
2001名誉回復/Vindicateファイレクシア:完全なる統一
2002賛美されし天使/Exalted Angelファイレクシア:完全なる統一
2003邪神の寺院/Temple of the False Godファイレクシア:完全なる統一
2004永遠の証人/Eternal Witness機械兵団の進軍
2005召喚の調べ/Chord of Calling機械兵団の進軍
2006火想者ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, the Firemind機械兵団の進軍
2007タルモゴイフ/TarmogoyfThe Lord of the Rings: Tales of Middle-earth
2008エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra ArchmageThe Lord of the Rings: Tales of Middle-earth
2009酸のスライム/Acidic SlimeThe Lord of the Rings: Tales of Middle-earth
2010テラストドン/TerastodonThe Lord of the Rings: Tales of Middle-earth
2011女王スズメバチ/Hornet QueenWilds of Eldraine
2012魂の収穫者/Harvester of SoulsWilds of Eldraine
2013カロニアのハイドラ/Kalonian HydraWilds of Eldraine
2014ゴブリンの熟練扇動者/Goblin RabblemasterWilds of Eldraine
2015龍王アタルカ/Dragonlord AtarkaLost Caverns of Ixalan
2016劇的な逆転/Dramatic ReversalLost Caverns of Ixalan
2017祖先の道/Path of AncestryLost Caverns of Ixalan
2018獣に囁く者/Beast WhispererLost Caverns of Ixalan
2019ドビンの拒否権/Dovin’s Vetoコードネーム『Polo』
2020薄暮薔薇の棘、ヴィトコードネーム『Polo』
2021命取りの論争/Deadly Disputeコードネーム『Polo』
2022クルーグ公、ウルザ/Urza, Prince of Kroogコードネーム『Polo』

1993年《セラの天使/Serra Angel》

《セラの天使/Serra Angel》は、すべての地域で英語版が配布されます。

1994年《ボール・ライトニング/Ball Lightning》

《ボール・ライトニング/Ball Lightning》は、すべての地域で英語版が配布されます。

1995年《フィンドホーンのエルフ/Fyndhorn Elves》

《フィンドホーンのエルフ/Fyndhorn Elves》は、すべての地域でドイツ語版が配布されます。

1996年《根の壁/Wall of Roots》

《根の壁/Wall of Roots》は、すべての地域で英語版が配布されます。

1997年《ウッド・エルフ/Wood Elves》

《ウッド・エルフ/Wood Elves》は、すべての地域で英語版が配布されます。

1998年《意外な授かり物/Windfall》

《意外な授かり物》は、すべての地域で英語版が配布されます。

1999年《忠臣/Loyal Retainers》

《忠臣》は、すべての地域で簡体字中国語版が配布されます。

2000年《コーの安息所/Kor Haven》

《コーの安息所/Kor Haven》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2001年《名誉回復/Vindicate》

《コーの安息所/Kor Haven》は、すべての地域でイタリア語版が配布されます。

2002年《賛美されし天使/Exalted Angel》

《賛美されし天使/Exalted Angel》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2003年《邪神の寺院/Temple of the False God》

《邪神の寺院/Temple of the False God》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2004年《永遠の証人/Eternal Witness》

《永遠の証人/Eternal Witness》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2005年《召喚の調べ/Chord of Calling》

《召喚の調べ/Chord of Calling》は、すべての地域でポルトガル語版が配布されます。

2006年《火想者ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, the Firemind》

《火想者ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, the Firemind》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2007年《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

《タルモゴイフ/Tarmogoyf》は、すべての地域で日本語版が配布されます。

2008年《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》

《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2009年《酸のスライム/Acidic Slime》

《酸のスライム/Acidic Slime》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2010年《テラストドン/Terastodon》

《テラストドン/Terastodon》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2011年《女王スズメバチ/Hornet Queen》

《女王スズメバチ/Hornet Queen》は、すべての地域でフランス語版が配布されます。

2012年《魂の収穫者/Harvester of Souls》

《魂の収穫者/Harvester of Souls》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2013年《カロニアのハイドラ/Kalonian Hydra》

《カロニアのハイドラ/Kalonian Hydra》は、すべての地域でスペイン語版が配布されます。

2014年《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》

《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2015年《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》

《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2016年《劇的な逆転/Dramatic Reversal》

《劇的な逆転/Dramatic Reversal》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2017年《祖先の道/Path of Ancestry》

《祖先の道/Path of Ancestry》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2018年《獣に囁く者/Beast Whisperer》

《獣に囁く者/Beast Whisperer》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2019年《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》

《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2020年《薄暮薔薇の棘、ヴィト/Vito, Thorn of the Dusk Rose》

《薄暮薔薇の棘、ヴィト/Vito, Thorn of the Dusk Rose》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2021年《命取りの論争/Deadly Dispute》

《命取りの論争/Deadly Dispute》は、すべての地域で英語版が配布されます。

2022年《クルーグ公、ウルザ/Urza, Prince of Kroog》

《クルーグ公、ウルザ/Urza, Prince of Kroog》は、すべての地域で英語版が配布されます。

おわりに

「マジック30周年記念プロモカード」全30枚を紹介しました。

本プロモカードは各店舗(全世界)のプレリリースで配布され、各カードの言語も1種類なので相当な枚数が印刷され希少性が低いと思いますが、マジックファンとしてはぜひとも30枚すべてをコンプリートしてアルバムにコレクションしたいですよね。

マジックファンのみなさん!今後のプレリリースに積極的に参加して、30周年記念プロモカードをゲットしましょう!本プロモカードの効果により、今後のプレリリースが少しでも盛り上がることを期待して本記事を終わりたいと思います。

MTG News
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント入力欄

タイトルとURLをコピーしました