人間ドックの胃の検査は『経鼻内視鏡(胃カメラ)』がおススメ

雑記
スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

こんにちは、Naokuroです。
皆さん、人間ドック受けていますか。
私は、35歳から人間ドックを受けていますが、基本的に受けたいと思ったことがありません。
・・・ですが、家族のことも考え、病気の早期発見・早期治療のため、毎年受けています。。

皆さんの中にも人間ドックを既に受けている方、これから受ける方もいるかと思いますが、
一番不安に思うor辛いのは『胃の検査』ではないでしょうか。

私個人の結論としては、『経鼻内視鏡』が一番おススメの検査方法と考えています。

理由としては、異常時、二次検査で内視鏡になるため、最初から内視鏡を受ける方が手っ取り早いからです。
さらに、以下のメリット・デメリットを比較すると、『内視鏡』かつ『経鼻』を選択するのが最も楽と考えるからです。(個人的に赤字の部分)

メリット・デメリット比較

項目 バリウム 経口内視鏡 経鼻内視鏡
費用 安い 高い 高い
X線による被爆 あり なし なし
小さな病変の発見 不得意 得意
(胃の粘膜を直接視認)
得意
(胃の粘膜を直接視認)
大きな病変の発見
胃全体の把握
得意 不得意 不得意
検査の精度 低い 高い
診断の確定ができる
(良性悪性の判断)
高い
診断の確定ができる
(良性悪性の判断)
検査時の処置 バリウムの味が不味い。
発泡剤を飲み、ゲップを我慢する苦しさがある。
麻酔
麻酔薬によるアレルギー反応
麻酔
麻酔薬によるアレルギー反応
経鼻の場合、鼻粘膜が傷つく恐れがある(鼻血など)
検査後の処置 検査後、下剤を飲む必要がある。
バリウムによる便秘を招く。
不要
(麻酔が切れるのを1時間程、待つ程度)
不要
(麻酔が切れるのを1時間程、待つ程度)
「穿孔(せんこう)」が起きるリスク なし あり あり
その他 自力で体位変換ができない人や、妊娠中・妊娠の可能性のある人などは検査不可 ピロリ菌の発見・処置可
経鼻に比べると嘔吐感がが起きやすい。
ピロリ菌の発見・処置可

※私は医療関係者ではないため、あくまでも個人で調査した内容および見解となります。ご承知おきください。

個人の好みの部分もあるかとは思いますが、私個人の結論としては、『経鼻内視鏡』が一番おススメの検査方法と考えています。

もし、バリウムの方がいいよという方がいらっしゃいましたら、意見いただきたいので、コメントよろしくお願いします。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

Pocket
LINEで送る

雑記
スポンサーリンク
Naokuroをフォローする
Naokuro Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました